ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
国保調査、もっと厳しくするべきでしょ!
外国人による国保の利用、色々問題が出ています。
まさに民主党政権の置き土産。

偽装滞在など、やっとメスを入れ始めた政府に、いちゃもんつける記事がありました。

報道から…

外国人の国保調査に論議開始半年、偽装滞在は未確認
佐賀新聞

 外国人が高額医療を受ける目的で来日し、偽りの在留資格で国民健康保険(国保)に
加入する恐れがあるとして厚生労働、法務両省が1月に始めた調査制度が論議を呼んでいる。
約半年で在留資格偽装がはっきりしたケースは見つかっておらず、
外国人を特に疑う調査で偏見を助長すると中止を求める声も出ている。

 「調査すること自体、外国人の不正が多発しているような印象を与える」。
外国人を支援するNPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」(東京)の鳥井一平代表理事は批判。
「在留外国人が受診を控えることになれば、住民誰もが安心して医療を受けられる国保の趣旨にも反する」

 調査制度は、外国人による公的医療保険の不正利用で保険制度が損害を受ける恐れがあるとの
医療関係者の指摘を受け始まった。対象となる在留資格偽装は問題と指摘された利用形態の一つ。
調査では国保加入間もない外国人が高額医療を申し込む時、国保を運営する市区町村は、
その外国人が在留資格通りの活動をしているか実態を確認する。
疑わしければ入管が調査、不正と分かれば在留資格を取り消す。

 厚労省は、在留資格が「留学」なのに通学していないなどを不正の例に挙げる。
法務省のまとめでは7月10日時点で5人が入管調査の対象となり、2人は不正と認められず、
残る3人は調査中。

 この制度に先立ち厚労省は昨年3月、高額治療を受けた外国人のレセプト(診療報酬明細書)を調査。
2015年11月~16年10月の1年間、国保加入から半年以内にC型肝炎治療薬の処方など一定の高額医療を受けた外国人は19人で「不正の可能性が残る」とされたのは2人だった。
外国人の国保加入者の総数は約95万人(16年4月)。

 厚労省担当者は調査の理由について「感情的な外国人非難でなく冷静な議論のため、実態把握は必要」と説明している。

だそうです。

実際には旅行者などが不正を働いたり、偽装結婚など色々なケースがあります。

じっさい、「外国人の不正が多発しているような印象を与える」とか言ってますが、
実態を調査した結果が公表された方が、こんな事実はなかったと言えると思いませんか?
不正が無いのであれば、どうどうとしていれば良いのです。
こんな事を言うから、何か隠したい事実があるのでは無いかと印象を与えるだけだと思うのです。

それから、「住民誰もが安心して医療を受けられる国保」とか言っちゃっていますが、
国保って何か分かっているのでしょうか?
「日本国健康保険」ではありません!国民健康保険の略称です。
当然、この国民とは「日本人」の事であり、外国人の事ではありません。
外国の方まで国保で見るお金があるのであれば、日本人の負担を下げるべきだと思うのですが…

個人的には、国保と外国人の保険は分けるべきだと思うのです。
知られていない事実ですが、例えば、外国から日本に就労しに来ていたとします。
その人は本国に家族を残してきている場合が多いのが実態。
そして、彼らを扶養するために仕送りしていたりします。
すると、それって、扶養控除が受けられるだけでなく、本国で治療した際の治療費も
国保対象だったりするのです。

ちなみに、外国で診療したら、それが本当に身内だったのか分からないケースも沢山。

また、法の抜け穴を狙っての、医療ツーリズムを企てるブローカーが、
中国や韓国に沢山居ることも事実。

こうした調査をきっちりやっていく事こそ、外国人が不正していない事を証明する最善の手段のはず。
しかし、こうした人達は、外国人が対象となるだけで、異論を唱えます。
外国人と日本人を差別するのではなく、区別することの大切さを無視していると言えます。

今回の調査は滞在資格に関してのようですが、実態把握が狙いだと見ています。
本来は、日本に働きに来てくれている方、日本旅行を楽しみに来ている方が、
安心して過ごせるように…って考えられたはずの医療制度。
しかし、それを利用して、現状違法ではないけれど、
本来の趣旨と反するような使い方をあぶりだすのが狙いかなと思っています。

日本の社会福祉の金額は大きくなっていくばかり。下がる要素はありません。
趣旨に反する悪質な利用を排除することは急務なはずです。
しっかり調査して、法整備をしっかりしてもらいたいものです。
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2018/09/13 22:47 | Comments(0) | その他
朝日新聞は説明責任を果たせ!
朝日新聞の慰安婦誤報の訂正記事隠蔽問題、朝日が謝罪したそうですが…
だれも納得しない内容でした。

報道から…

朝日新聞、慰安婦問題訂正記事に「検索回避タグ」設定 「確認漏れだった」と謝罪
9/12(水) 15:23配信

「朝日新聞デジタルの記事に「検索回避タグ」が設定されているとのご指摘について」
 朝日新聞社は9月10日、同社が2014年8月22日にネット配信した、
慰安婦問題に関する英文記事に「検索回避タグ」を設定したまま一般公開していた件で、
日本語版の記事にもタグ設定のミスが見つかったとして謝罪した。
英文記事への指摘を受け、18年8月にタグ設定について社内で確認する際、
日本語版の記事1本に誤って検索回避タグを設定してしまっていたという。
現在は英文記事、日本語記事ともにタグを解除している。

 18年8月19日ごろにTwitterユーザーが、朝日新聞の慰安婦問題訂正記事の英文版に
「noindex」「nofollow」「noarchive」のメタタグが設定されていることを発見。
いずれのタグも検索エンジンに対する処理で、検索結果への記事露出を拒否するためのもの。
「訂正記事を意図的に隠しているのではないか」と、
Twitterやまとめサイト「Togetter」で話題になっていた。

 朝日新聞社は、18年8月23日に英文記事について取材を受け、問題を確認。
該当する英文記事に、検索回避タグが設定されたまま公開が続いていたことを認識したという。

 同社によれば、14年8月22日に慰安婦問題に関する英文記事を複数配信した際、
記事の体裁などを確認するため、検索回避タグを設定して外部に配信したという。
配信確認後に順次タグを解除したが、このうち2本で設定解除作業が漏れていたと18年8月27日に報告した。現在はこの問題を修正し、記事ソースから検索回避タグを削除している
(確認するとnoindexの記述があったが、これは広告用HTMLに設定されているもの)。

 日本語版の記事についても、18年8月23日の社内確認の際に誤って記事1本に検索回避タグを付けてしまい、
読者から指摘を受けたという。こちらについても設定を変更し、謝罪した。

 日本語ページの中で、過去1週間の「訂正・おわび」をまとめた一覧ページに掲載するものについては、
内容の重複を避けるために検索回避タグを設定しているという。
同社は「記事の末尾に『訂正・おわび』を追加した記事本文には検索回避タグを設定していない。
訂正を入れた本文記事と、一覧ページに掲載するコンテンツが重複するため、
一般的な検索から後者を除外している」と説明した。

【訂正:2018年9月12日午後4時20分 初出時、朝日新聞社が英文記事の検索回避タグ設定について9月10日に謝罪したと記述していましたが、この件への対応は8月27日に発表済みでした。9月10日付の発表は、日本語記事のタグ設定についてのものです。おわびして訂正いたします】
ITmedia NEWS

だそうです。

この記事事態、アリバイ報道かなって見ています。
理由は「英文記事」って文言が何度も出てくる事。

しかし、該当の「英文記事」は日本語サイトに掲載された英文記事であり、
諸外国向けの「英文記事」ではありません。

つまり、朝日はメタタグを含め、2重に慰安婦捏造報道の訂正記事を諸外国に隠蔽していたのです。

しかし、この記事だけを見ると、外国向けに誤報訂正記事を発信しているかのように誤解されてしまいます。
これこそ、朝日新聞の思うつぼ(笑)

さらに、社長記者会見を行うほどの訂正記事です。
それをWEBに公開するときに確認漏れってことは、社長会見自体がパフォーマンスであり、
謝罪する気なんてさらさらなく、嘘を拡散続ける気満々だったと言えます。
重大な訂正であればあるほど、さらなるミスは許されません。
何重にもチェックして、絶対にミスが出ないように努力するはずなのです。
それをしていない時点で朝日新聞のこの問題への取り組みがわかるというものです。

また、この重大な誤報訂正記事に対するミスに対して、責任者も公表されなければ、
だれも責任を取らないという姿勢も、事を軽んじている証拠でしょう。

まして、これがミスであったと誰が信じるというのでしょうか?
長年、誤報を放置して来た朝日新聞です。
意図的であったと見るのが普通でしょう。

意図的では無かったという証明をきちんと記者会見で説明するべきです。
朝日新聞流に言えば、疑惑はさらに深まったと言えます。

さらに言えば、これにより、誤報訂正が世界に伝わっていない事への責任、
それに対する対策、再発防止策などなど、
全くと言っていいほど出てきていません。

自浄作用ゼロの報道機関であると言えます。

間違いは誰にでもあります。しかし、間違いを正す努力をすることで信頼が取り戻せるのです。
しかし、朝日新聞は、間違いに間違いを上塗りした状態である事を認識していないようです。

自分達が一番であるという幻想の中に居るのでしょう。
騙されている人に少しでも多く、事実を伝えて行く、ネットで事実を伝えて行く事が、
日本人としての務めなのだと、改めて感じました。

朝日新聞を廃刊に追い込み、慰安婦の捏造を払拭できるかは、
一人ひとりの努力が、まだまだ必要なようです。





ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/09/12 21:31 | Comments(0) | その他
報道されない驚異
また、あの脅威が迫って来るかもしれません。
にも拘わらず、テレビ報道は全く無し。

まずは報道から…
韓国で2015年以来のMERS患者 計21人隔離
9/9(日) 5:16配信

【AFP=時事】韓国保健当局は8日、
同国で2015年以来となる中東呼吸器症候群(MERS)の患者が確認されたことを明らかにした。 

 MERSは感染力の強いウイルス性の呼吸器系疾患で、韓国疾病予防管理局(KCDC)によると、
患者は61歳の男性実業家。この男性は出張でクウェートに3週間滞在した後、7日に韓国に帰国した。

 KCDCの鄭銀敬(Jeong Eun-Kyeong)局長は記者らに対し、
「感染者と密接な接触のあった20人を追跡、隔離した」と説明。
また、感染した男性は発熱や痰(たん)の症状で入院し、現在は大学病院で隔離されているとした。

 韓国でMERSの診断が出たのは2015年以来。同国ではこの年、
MERSの感染拡大で38人が死亡し、動揺が広がった。【翻訳編集】 AFPBB News

だそうです。

また、「MERS」の脅威がお隣韓国で発生しているようです。
全開のMERSで、抑えきれなかった韓国ですが、今回はどうなるでしょうか?

とは言え、こういう事が起こっていることを、メディアは何故国民に知らせないのでしょう?
感染リスクがある事は周知するべきだと思うのです。
ましてや、前回封じ込めに失敗した韓国です。
両国の往来もトップクラスの人数。
まだ、広がったわけでは有りませんが、拡散リスクが発生したことは、まぎれもない事実。
これから、旅行を計画する人ならば、少しでもリスクを避けたいと思うのです。
その情報を伝えないってのは、国民の知る権利を侵害しているとも言えます。

また、韓国のネガティブニュースだから、隠蔽しているのかなとすら思えてしまいます。
確かに、報道したら、韓国観光には、少なからず打撃が出るでしょう。
だからと言って、日本人に広く通知しない理由にはなりません。

韓国観光と日本人の命、どちらが大切なのでしょうね。
こういう情報はきちんと報道してもらいたいものです。













ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]


2018/09/10 23:36 | Comments(0) | その他
検索回避機能がある朝日新聞サーバー
またまた朝日新聞の言い訳です。

今度は日本語の記事まで…

報道から…

朝日、日本語版の慰安婦ネット記事も検索回避 後で設定変更「操作誤る」
9/9(日) 6:20配信 産経新聞

 ウェブサイト「朝日新聞デジタル」の慰安婦問題に関する英語版記事2本が
インターネット検索できない設定になっていた問題で、
同じ内容の日本語の記事1本にも、
利用者が特定ウェブページを訪問することを防ぐようにする
「メタタグ」
が埋め込まれていたことが分かった。
この記事は公開当時は検索可能な設定だったが、後からメタタグが埋め込まれていた。

 朝日新聞広報部は
「8月23日に英語版のタグについて産経新聞の取材を受けた際、
日本語版の記事についても確認作業をした。その際に配信システムの操作を誤り、
記事の設定が変わっていたことが分かった」
と説明した。
すでにメタタグは削除され、検索できるようになっているという。

 新たにメタタグが見つかったのは、平成26年8月5日付朝刊の特集
「慰安婦問題を考える 上」に掲載され、同日中に朝日新聞デジタルで公開された
「『挺身隊』との混同 当時は研究が乏しく同一視」
という記事。過去の記事で慰安婦を
「『女子挺身隊』の名で前線に動員された」などと説明した部分について
「全く別」とした上で、
「当時は慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、
記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから誤用しました」
と説明していた。

 過去のウェブサイトを自動的に保存するサービスでの確認によると、
検索回避のメタタグは昨年9月10日までなかった。

 また、この記事は「2019年4月30日16時23分」に公開が中止される設定になっていた。
朝日新聞広報部は「朝日デジタルの記事の大半は一定期間を過ぎると公開されなくなる。
慰安婦問題の記事は長期の公開が必要と考え、2016年4月に仮の設定として公開期限を2019年までとした」
と説明した。

 一連の記事にメタタグが埋め込まれていたことは、AJCN代表の山岡鉄秀氏が見つけた。
慰安婦関連の英語版記事の修正を求める活動を、
米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏らとともに行う中で、
検索を回避する設定の存在に気づいたという。

 メタタグは、ウェブページの情報をグーグルなどの検索エンジンに提供するキーワード。
検索しにくくしたり、逆に検索されやすくすることができる。
通常はウェブページ上には表示されず、第三者が書き換えることはできない。

 問題の記事はいずれも「noindex」「nofollow」「noarchive」の3つのメタタグが埋め込まれ、検索できなくなっていた。

だそうです。

普通に考えて、「日本語版の記事についても確認作業をした。」記事に、
問題視されている問題を「誤って」入れてしまうなんて、あり得ないと思うのです。
プログラムのバグを発見し、同様のバグが無いか調査してたら、同じバグを作り込んだって、
言ってるに等しく、普通の企業であれば、大問題です。
こんなさらっと済ませて良い問題では無いと言えます。

で、今回の言い訳の苦しい点は、もともとはメタタグが無かった証拠をつかまれている事。
つまり、公開時の作業漏れという全開の言い訳が使えない事にあります。

少しでもホームページを作った事がある人なら、メタタグは手入力するか、
意図的にツールで操作しないかぎり、入る事が無い事がわかると思うのです。

さすがにそれには気が付いたのでしょう。
だからこそ「配信システムの操作を誤り」なんて言ってるのだと想像できます。

でも、これって、記事を作る人の意図を無視して、記事を配信する人が、
簡単に検索避け出来るような仕組みを、朝日新聞は使っていると言う事です。
ましてや、公開中の記事のメタタグをチェックしたのであって、再配信したわけではありません。

普通は公開されている記事のソースを確認するだけだと思うのです。
そして、問題があれば偏向して再配信する必要がありますが、
問題なければ、原本を触るなんて、あり得ない行動と言えます。

また、そういうIT部門であれば、記事を一つ一つ見るのではなく、
一括でソース内を検索すれば良い事くらいわかっているはずです。

こうして常識レベルで、この記事を見ていくと…
もっと前から記事にメタタグを仕込んでいた可能性が一番大きいと言えます。

もし、この記事の時系列や記載が事実と仮定した場合、
朝日新聞のIT部門は、WEBソースすら読む事が出来ない素人集団である事と、
配信済の記事を簡単に検索避けできるような特殊な配信システムがあると言う事になります。

しかし、腐って腐りきった朝日新聞でも、この仮定はさすがに無いでしょ。
今頃、朝日新聞のWEBデザイナーは怒り狂ってるかもしれません(笑)

と考えると、やはり意図的に隠蔽し、バレたから苦し紛れの言い訳をしたとしか思えません。
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/09/09 23:44 | Comments(0) | その他
他党に干渉する立憲民主党
自民党総裁選が告示され、安倍氏と石破氏の一騎打ち。

ですが、何度も言いますが、これ自民党内部のお話。

これに口出ししてくる野党の立憲民主党。

「延期してでも討論を」立民 福山幹事長
2018年9月7日 15時22分NHK自民 総裁選

立憲民主党の福山幹事長は記者団に対し、
「日本のあるべき姿について、議論してほしいと思うが、討論会も少なく、非常に残念だ。
総裁選挙を多少延期してでも、討論を行ったり、
震災の対応に万全を期したりする形があってもよいと感じている。
今回も目新しいものがあるとは感じていないが、総裁選挙や選挙のたびに、
『憲法改正だ』、『自衛隊の明記だ』と、憲法を道具にするようなことは やめてほしい」
と述べました。

一体何様なのでしょう?
国としての前に、党としてどう進めたいかを語るのが、普通。
『憲法改正だ』、『自衛隊の明記だ』って言う事の何が問題なのでしょう?

これ、ある意味内政干渉に近い発言。

自分達が太刀打ちできない安倍氏を下ろし、扱いやすそうな石破氏を応援したいのでしょうが、
ちょっと筋違いでしょう。

これもし、立憲民主党の党首選びに自民党が口を挟めば、大発狂で、
「傲りだ!」って騒ぐと思うのですよね。

石破応援団とご本人は、災害対応優先して、総裁選を延ばせと言ってますが、
いつまで延ばせとは言いません。
なら、完全に復興まで、総裁選無しでよいのでしょうか?
それもきっとNOでしょう。

北海道の大地震、被害は大きいですが、ここの処の災害に比べて、
「地震」の被害は限定的な気がしてなりません。
理由は、報道される被害箇所が、大きく崩落した山と液状化の道ばかり。
おそらく、震源の場所の人口が少なかったからかなと推測しています。
規模のわりに死者、行方不明者が少ないのもそういう理由かなと考えて居ます。

問題なのは停電。
これ、地震による物理的損傷による停電よりも、ブラックアウトでの停電被害が大きい。
ここで気になるのが、道内の震源から遠い地域。
停電による被害を受けていて大変なはずなのですが、メディアはほとんど報じていません。
こうした地域には支援も救援物資も無し。
早く停電が復旧しないと被害は広がる一方でしょう。

そうした中、3日間の総裁選活動自粛。
3日あれば、ブラックアウトは脱して、物理破損の停電だけになると考えたのかなって
容易に想像できます。
ブラックアウトさえ解消してしまえば、西日本豪雨よりも被害は小さいかもしれません。
自衛隊の配備も終え、後は現場の活躍が全てな状況でしょう。
総裁選の結果もほぼ見えている現状、長引かすより、早く終わらせて、
安定政権の元、復興に全力って方が本来だと思うのです。

この立憲の福山氏も候補者の石破氏も、選挙を延ばさせて、
この「北海道地震」の「災害対策」へ、安倍総理にどんな対応を期待しているのでしょうか?
想像も出来ないのですが…

何度も言います。
石破さん、野党やメディアに踊らされるのではなく、
総裁選を辞退するべきです。
そうする事で、負ける事無く、次回に希望がつなげる事が出来ます。
さらに、災害対策の為に一丸となってる事を国民にアピールできます。

私自身、台風で被災しました。
あなたの記事を見て、延期じゃなく辞退しろよって、正直思いました。
党内でのごたごたよりも、安定政権で、復興に尽力してくれって心底思います。
もし、万が一にでも、石破氏が勝つようなことがあれば、
経済政策や内閣など全てが変わってしまいます。
こんな災害続きの今、そういう変化が一番国民を不安に陥れることを理解するべきです。














ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/09/08 22:53 | Comments(0) | その他

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]