ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
メディアは、また日本人を騙すのか?
最近、野党とメディアが狂気乱舞していますね。
2千万円年金問題とか大騒ぎ。

もはや、馬鹿ですかとしか言えません。



安倍首相「金融庁の議論乱暴」=老後2000万円問題で
6/18(火) 18:08配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日午後の参院厚生労働委員会で、
老後資金が2000万円不足すると試算した金融庁審議会の報告書について
「高齢者の実態はさまざまであり、平均(値)での乱暴な議論は不適切だった」
との認識を示した。

 立憲民主党の川田龍平氏への答弁。

 首相は公的年金制度に関し、
「老後の生活設計の柱であり、国民の不安を払拭(ふっしょく)できるよう丁寧に説明していきたい」
と強調。
「積立金の運用益も(安倍政権下の)この6年間で44兆円プラスとなり、
民主党政権時代の10倍増えている。公的年金はより安心できる強固なものとなった」
と語り、制度持続に自信を示した。

だそうです。

自民党も火消しに必死ですね。

そもそも、今回の二千万円問題、年金とは、全く関係ありません。
厚生年金ですら、現役時の50%を目標としているのですから、貯蓄ゼロで老後が過ごせるはずないのです。
これ、別に、最近の話では無く、昔から何らかわりません。

ただ、平均寿命が延びてきているので、必要となるお金が多くなったってだけ。
政府に「年金が~」って騒ぐのは論外と言えます。

にも拘わらず、立憲民主党蓮舫氏は、いつもの金切り声で
「日本は一生懸命に働いて給料をもらって、勤め上げて退職金をもらって、年金をいただいて、
それでも65歳から30年生きると、2000万円ないと生活が行き詰まる。そんな国なんですか?」
とわめいていたようですね。

そんな国です。
それを知らなかったのでしょうか?
一度は政権をとった事があるのに、年金だけで生活できない事をしらないとは…
恥ずかしいを通り越して、呆れてしまいます。

にも拘わらず、メディアも野党も、なんとかして、年金が破綻するから、二千万円必要になったと
誘導したいようですね。

政府の報告書に対する対応が不味いのも事実です。
しかし、国政を知り尽くしている「はず」の野党や、
年金問題を調べつくしている「はず」のメディアが、
「年金」が二千万円「不足」すると勘違い?するような報告書なのですから、
不適切で正解でしょう。

国民年金が6万円前後だというのは周知の事実。
それだけで、生活していけると考えていた人が居るのでしょうか?
野党とメディアはそれすら知らなかったのでしょうか?

月6万円と仮定し、毎月生活するのに16万円必要とした場合、
月々10万円を捻出しなければなりません。
すると年間120万円、10年で1200万円、30年で3600万円必要になります。
これ、別に年金と何の関係もありません。
年金額を元に老後の貯蓄を考える際の目安を出しただけ。

多くの人が知ってる事でしょ?
蓮舫氏は年金だけで生活していけると思っていたのでしょうか?

ちなみに年金100年安心ってのは100歳まで安心という意味ではありません。
メディアと野党はこれもミスリードしようと必死ですけどね。
100年間は年金制度を維持できるという意味です。

これって、徐々に世間に知れてきています。
今の時点では、自民けしからんって誘導されてる人達も、
選挙までには、野党ってバカばっかり?って気づくと思うのですよ。

もう少し建設的な対策を訴えるならまだしも、
これを知らなかったみたいな攻め方は、逆効果だと思うんですけどね…

メディアと野党は国民を騙すことに必死なようですね。

こんなバカバカしいネタに日本人の多くが踊らされない事を願うばかりです。
万が一、政権が倒れる事になったら、もっと悲惨な未来しか想像できません。





ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2019/06/18 23:15 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<千葉の停電報道に関する不思議 | HOME | 鳩山という日本に仇をなす人>>
忍者ブログ[PR]