ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
日本は私刑が横行する国になるのか?
最近、財務事務次官のセクハラ問題に関する疑問を書かせてもらってます。

もりかけ問題などは、政府も出せば良いのにとか、
承認喚問して早く終わらせよとか感じる事はありました。

しかし、このセクハラ問題だけは、麻生氏の対応が正しく、
メディアや野党、与党の一部の対応に違和感ばかりを感じてなりません。

そんな中、こういう報道がありました。

福田次官、24日に辞任=退職金5300万円、野党の反発必至―セクハラ疑惑
4/23(月) 12:02配信 時事通信

 セクハラ疑惑が報じられた財務省の福田淳一事務次官の辞任が、
24日の閣議で了承されることが23日、分かった。

 同省によると、処分などに伴う減額がなければ福田氏の退職金は約5300万円になる。
福田氏を辞任前に処分するよう求めていた野党が反発するのは必至だ。

 規定では退職から1カ月以内に支給される。
その後、懲戒免職に相当する処分が下された場合は全額を返納することになるが、懲
戒免職相当でなければ、さかのぼって返納する義務はないという。

 野党の国会議員は23日午後、財務省を訪れ、長峯誠政務官に対し、
同日中に福田氏のセクハラを認めて謝罪し、
福田氏を処分するよう求める申し入れ書を提出した。
長峯氏は「内容について大臣に伝える」と応じた。
希望の党の山井和則衆院議員は
「謝罪も処分もなく退職金を満額受け取ることになれば、
安倍政権がセクハラを放置、容認することになる」
と批判した。

だそうです。

セクハラが確定していないのに、退職金に対して、口を挟むべきではないと思うのです。
本人が否定しており、法的にNGでも無く、被害者とされる人と協議出来るでも無い状態で、
処分しろってのは、私刑と同じです。

ここで疑問なのは、立憲民主党。
例えばセクハラで黒確定した初鹿議員や青山議員。
今も議員を続けておられます。
と言う事は、この人達が任期満了したら、「満額」の退職金が支払われます。
かれらの給与も退職金も税金です。
なぜ、財務事務次官の退職金だけを取り上げるのでしょうか?
かれらの退職金も問題とするべきでしょう。
不倫疑惑の山尾氏、相手弁護士の奥様に対する発言や行動はセクハラ、パワハラそのもです。
なぜ放置するのでしょうか?

文部省を辞めた前川前事務次官、天下りを斡旋していたことで辞任していますが、
彼の退職金はどうなのでしょうか?

野党もメディアも、身内には静かです。

政府与党の問題はこれでもかってくらい叩きます。

叩く事は良いのですが、黒と確定していない推定無罪の状態で、
黒と決めつけての発言、黒と思わせる印象操作、
そして、今回は、黒と決めつけて処分しろと言ってます。

これって、法治国家としては許されない事です。
お隣の国のように情治国家を目指しているのでしょうか?
法をつかさどる分けでもないメディアや野党が処分しろと圧力をかけることは、
ある意味でパワハラであり、私刑と言えます。

しかも、今回の一件では、朝日放送も批難されるべきはずです。
しかし、そんな様子はメディアも野党も全くしません。

野党はいつものように調査チームを立ち上げて、真相追及しないのですか?
各省庁や地方の役所にアポなしで突撃パフォーマンスするように、
何故、朝日放送に突撃しないのでしょう?
朝日が全音声を隠蔽しているから、財務省がごまかせるんだ!
って行かないのでしょう?
真相なんてどうでも良くて、私刑がしたいだけだと言う事でしょうか?

被害を訴えられたら無条件で黒なのでしょうか?
それらしい音声があれば黒なのでしょうか?

今の時代、写真でも音声でも加工は簡単で素人でもできます。
そして、公開されている音声は加工されているものであることは、
メディアの調査結果で明らかになっています。

改竄された物を証拠として、前事務次官を黒と決めつけられるなら、
財務省が行った文書の変更だって、問題無い事になります。
証拠能力は、変更されていても損なわれないという異常な判断なのですから!

今回の事を麻生財務大臣の辞任で幕引きなんて絶対にあってはならない事です。
真相究明して、セクハラを立証してからでなけばなりません。

今のままうやむやにしては、今後の日本で私刑が横行することになります。
気に入らない奴がいたら、「セクハラ」って訴えて私刑。
相手に了承も得ず、録音して公開して私刑。

こんな事を許していたら、それこそ女性が活躍できる社会になんてなれません。
男性社員に対して助成が「禿」とか「デブ」とか「臭い」とかいうのも立派なセクハラです。
その訴えを聞くのでしょうか?

男女雇用機会均等法とか言ってますが、事ある毎に、女性は弱い立場だから…
と女性を武器にしています。
さらに、女性にセクハラ私刑という武器を与える事になります。

こんな事をしていたら、女性の採用を躊躇することにつながりかねません。
男性は女性と会話するときに、常に後からセクハラって言われないかビクビクして
過ごす事になります。
本人が恋愛しているつもりだったのに、女性側にはそんな気が無かったら、
いくら親しくしていても、突然セクハラになる可能性があり、
その際には、訴えられた終わりという世の中にしようとしているのです。

満員電車にも乗れません、
もし、痴漢したって疑われたら、無条件でアウト。
気に入らないやつが居たら、痴漢に仕立て上げたら抹殺出来るのです。

そんな私刑社会にして、冤罪被害を爆発させることが、
野党とメディアの狙いなのでしょうか?

今の野党やメディアの論調に日本人は納得しているのでしょうか?
恐ろしい事です。

セクハラは絶対にダメです。
財務事務次官、どう転んでもアウトでしょう。
しかし、プライベートで不倫してるつもりだったってのとセクハラは別問題。
また、セクハラを防ごうとしていなかった事も疑問でしかありません。

嵌められたなんて、論外みたいな論調ですが、
どう見ても、今の状態では嵌められたようにしか見えません。

朝日放送は、音声を早く公開して、疑惑を払拭してもらいものです。
やましい処や疑わしい処があるから隠しているとしか見えません。
このままでは、私刑大国日本になってしまいます。

セクハラ程度の問題では無く、今回の件は
野党とメディアが結託した深い闇と言えます。

第四の権力であるメディアの私刑が許されてしまえば、
最高権力となってしまいます。

もっともっと、国民は声を上げるべきでしょう。

今回のセクハラ問題は、余りにも理解できない点が多すぎます。

そうしなければ、明日私刑にされるのは、あなたかもしれません。

怖い怖い…






























ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2018/04/24 23:19 | Comments(0) | その他
セクハラ報道が必死過ぎます
今回のセクハラ問題、報道も野党の動きもかなり違和感が続いています。

セクハラが問題だってのは当然なのですが、
被害者とされる女性が不在、その女性にパワハラセクハラしていた朝日放送は、
無罪放免の被害者扱い、
財務次官は「セクハラ」でアウト、財務大臣も同罪でアウト、
安倍総理もやっぱりアウトってストーリーしか無い状態です。

もはや、結論有りきの論調で凝り固まった野党とメディア。

何を言っても火に油ですね。

こんな報道がありました。

自民党の下村博文元文科相(衆院議員)は22日、
都内で行われた講演会で、福田淳一財務事務次官によるテレビ朝日の女性記者へのセクハラ問題で、
女性記者が福田氏の発言を録音していたことについて
「ある意味犯罪だと思う」などと述べ、
セクハラ被害者を「犯罪者」扱いする暴言を吐きました。

下村氏は「確かに福田事務次官はとんでもない発言をしたかもしれないけど、
テレビ局の人が隠してとっておいて、週刊誌に売ること自体が、はめられてますよ。
ある意味犯罪だと思う」
などと述べました。被害女性は、福田氏に対する取材の過程で、
セクハラ行為が繰り返される中で、
自分を守るために同氏の発言を録音したものだとしています。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-23/2018042301_03_1.html

だそうで、下村氏は撤回謝罪に追い込まれました。

しかし、ネットでは、何故撤回?何故謝罪?との声も少なくありません。

今回の音声、本人の知らないところで録音されていました。
早い話、盗聴ですよね。

テロ等準備罪の時は、盗聴される社会になるとか騒いでいて、
盗聴を悪としていたにも関わらず、今回は盗聴は正義だってなってます。
当然、この女性が自分の身を守る為に録音することは、正当な行動だと言えます。
しかし、録音している事を明らかにして、取材していれば、
そもそもセクハラ被害に街頭するような発言は無かった事は容易に想像できます。

事務次官のエロ発言はとんでもありませんが、この女性記者はそれを防ぐ事が出来たにも
関わらず、それをせずに二人で会っていたわけです。
つまり、エロ発言を認識した上で、それを防がない方が得だねが取れると判断していたと
言えます。

つまり、盗聴して、それを他社に流すという二つの過ちをしているのですから、
犯罪と言われても仕方ないと思うのです。
てか、犯罪でしょ。

朝日放送の上司が報道出来ないとした理由だって、
普通に考えたら二次被害を心配したなんて詭弁でしかない事がわかります。
何故なら、同様の被害者を今までも報道してきているのですから、
そんな心配を今までした事なんて無い証拠とも言えます。

おそらくですが、メディア記者とこういう官僚との間では、オフレコ取材は録音しないという
暗黙の了解があったと推察されます。
だからこそ、公開出来ないと判断したのだと考えられます。
さらに、音声を加工では無く消している時点で、セクハラと言い切れないような
会話の流れがあったのだと考える方が自然だと思いませんか?

この辺り、野党とも意思疎通がされているのでしょう。
まだ、調査中にも拘わらず、麻生氏は辞任、事務次官は処分しろと大騒ぎ。
国会審議を人質にして、やめろ辞めろの大合唱。
早く幕ひきしたいのが、滲み出ています。

この話題を引っ張り過ぎると、今回の事件の本質が広まり過ぎて、メディアと
騒いだ野党にダメージが広がる事を懸念しているのではないでしょうか?

その証拠に、真相究明をってキーワードが、野党やメディアから出てきません。
疑惑かけたから、辞めろって言ってるだけ。
もう無茶苦茶ですね。

もりかけのいちゃもんの方が、まだ理解できます(笑)

はっきりいって、今回の事務次官の一連、メディアも野党も初動を誤りました。
もし…
「財務事務次官、テレビ朝日の女性記者を愛人と勘違い。
 妻子ある身でありながら、愛人を持とうとしていたようです。
 拒否する記者に対して、猥褻な言葉をかけ続けました。」
だったら、言い逃れ出来なかったはずです。

発言内容も「財務次官」という立場の人が発するには品性にかけるともいえるはず。

セクハラだって言われたから否定したってのが、顛末だと思うのです。
セクハラって方がショッキングに聞こえるからでしょう。

おそらくですが、録音された生データを聞けば、
財務次官が愛人扱いしているのがバレるのではないかと思うのです。

最初からこの路線であれば、問題無かったのでしょうが、
こっそり録音した事を知られたくない朝日放送はもみ消しをはかったのでしょう。
結果として、最悪の露出の仕方をしたと言えます。

これで、音声を確認した結果、愛人との会話だったとしたら…
メディアも野党も、全く筋違いな大騒ぎをしていたことになります。

そうならない為に、辞任で幕引きを急いでいるとしか見えません。
そうでなければ、野党とメディアが結託して
冤罪を仕立て上げようとしていたことになりますからね。

それともう一つ、普通の女性のセクハラ被害みたいな取り扱いにも違和感。
第4の権力とも言われるメディアの記者です。
当然、被害を防ぐこともできた立場です。
特ダネ欲しさに女性を武器にしていたことも、間違いないと思うのです。
「セクハラで訴えますよ」
って警告すらしていない事が証拠でしょう。

今回の一連、メディアのこれからの取材に影響が出るのは必至でしょう。
恐ろしくて、オフレコなんて応じられないでしょうからね。
それが定着されたら困るからか、朝日の対応に対しての批難も分析も無し。
必死に隠蔽して、早く財務大臣の首を取っておしまいにしたいでしょうが…

おそらく、同じ事に気がついている麻生氏、これでは辞めないと信じたいです。
もし、麻生氏が辞任するような事になれば、
世の中の男性は、濡れぎぬで冤罪をかけられたら、人生終了って事になりますからね。

怖い怖い
































































ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]


2018/04/23 22:30 | Comments(0) | その他
セクハラ問題を真剣に取り組んでますか?
セクハラ問題で、メディアも野党もお祭り状態。

公開されている音声の内容「だけ」を聞く限り、セクハラでアウトと受け止められます。
ただ、それは、「正式な取材中」にあのような「女性の嫌がる」言葉を「連発」している前提。

あれが、親密な男女の会話であれば、セクハラではありません。

もっとも、前財務事務次官は妻子持ち。
そこから考えたら愛人扱いをしていたことになり、ダメでしょう。
また、発言の内容も「財務事務次官」としてならNGだと思います。

でも、それはセクハラではありません。

事務次官を勘違いさせるような言葉使いや行動が無かったのか?
事務次官が「記者」の「取材」と認識していたのかが重要であると言えます。
職場は朝日放送であり、上司も朝日放送です。

もし、朝日放送の記者会見通りであるなら、何故配置換えをしなかったのかと
普通なら感じると思います。

下世話な見方をすれば、この記者が前事務次官に「女性」として気に入られているから、
特ダネが取れると考えて放置したと考える方が普通でしょう。
そうでなければ、被害を受けている女性を配置換えすると共に、
財務省に抗議していたはずです。
それよりも、がっつり報道していたでしょう。

記者会見で言っていたような2次被害なんて、メディアの日頃の行動から考えるに、
あり得ないと言えます。

朝日新聞の対応自体は、完全なパワハラであり、大問題であるはずです。

にも拘わらず、前事務次官ばかりが批難されているような報道、
野党の行動に違和感を覚えます。

そもそも、彼らはセクハラなんてどうでも良くて、
安倍政権にダメージを与えられたら良いと考えているとしか思えないからです。

野党議員らが黒服で『#MeToo』プラカードを掲げるパフォーマンスを展開中です。
そんな野党議員が、21日放送の『よるバズ』で金子恵美前衆院議員の
「初鹿さんとか、野党の中でもセクハラ議員がいたじゃないですか?
あのとき先生方ってどういう行動とられたんですかね?」
と指摘されました。
それに対して、民進党の牧山弘恵議員は
「そのときによって対応違うと思います」
と答えたそうです。

いやいや違うでしょ!
初鹿議員は未だに国会議員ですよ。
しかも彼は、直接的な行動を行っており、前事務次官よりはるかに悪質でした。

その時は、さらっと流しておしまい。
メディアもそうです。
さらっと流しておしまい。

そんな人を党として推薦し、比例名簿に入れていた責任は無いのでしょうか?

「対応が違うと思います」
って言ってますが、じゃぁ、今回との違いは何なのでしょう?
誤魔化しも甚だしいです。

さらに言えば、前事務次官だけを批難し、朝日放送の責任に言及しないのも不思議です。
方や財務省の内部の事を財務大臣も責任がある総理も責任があると言ってるのにです。

結局、セクハラ問題を真剣に取り組むのではなく、
政争の武器にしているだけだと言えます。
朝日放送にしても、あの深夜の会見だけで「説明責任」を果たしたのでしょうか?

日頃しているような追跡調査も無し、自社の再発防止や処分に関する報道も無し。
やったのは、財務省への抗議だけ。
これって、加害者の一人である朝日放送が、自分達は被害者だと
コスプレしようとしているに他ありません。

国民の多くは、会見内容にも、公表されている音声にも疑問が沢山あります。

特に公表されている音声。

政府が公開した資料を「海苔弁」と批難し、財務省の文書修正を、
「都合の悪い部分を消した改竄」としています。

削除したり変更したりするのは、「都合が悪いから」と日頃から主張しているメディア。

では公開された音声はどうでしょうか?
継ぎ接ぎの音声データで、女性の声は削除です。

これでは、「疑惑はさらに深まった」と言わざるをえませんよね。

すでに、女性記者の名前も上司の名前も公になっています。
今更隠し立てする必要すら無くなりました。

さっさと全文のデータを公開してしまえば、財務官僚の嘘が明白に出来るのでしょ?
そして、さっさと警察に告発すれば良いのです。

野党も、「財務省の息のかかった弁護士」が駄目なら、
野党、財務省、与党で調査チームを立ち上げて、朝日放送の音声データを確認したらよいのです。
そうすれば、すっきり解決します。

いつもの野党突撃で、音声データを確認に行かないのも不思議。

これって、野党もメディアも、音声データをもろに聞いていしまうと、
取材とは思えない状況が見えてしまうからではないかと、勘ぐってしまいます。

野党のMeTooおばさん軍団、是非是非、セクハラ問題として、この問題に取り組んでもらいたい。
政局の為のパフォーマンスなら、世界的なムーブメントに水を差すような事は、
辞めてもらいたい。

そもそも、MeTooとかやるんだった、与野党関係無いですよね?
与党からも、前事務次官を批難している女性議員は多数いらっしゃいます。
にも拘わらず、野党だけでやる意味がわかりません。
与党が入ると自分達「野党」のやってる感が薄れるからでしょうか?

やるなら諸外国のように、本気でやってもらいたい。
前事務次官も朝日放送も初鹿議員も、しっかり批難してもらいたいと考えます。

それから、もう一つ、今の状況を
毎日満員電車に揺られているサラリーマン男性はどう感じているのでしょうか?
「こいつ、痴漢した」って言われたら、泣き寝入りするしか無いような世の中にしようと
している今回のセクハラ問題。
訴えられたら諦めて、事実を追求せず需要しろと言う、
冤罪を産むような論調で倒閣運動をすることに、恐怖を感じてなりません。

冷静になりましょう。
今ある証拠は、女性記者の主張と「改竄」された音声データのみ。
そして、前財務事務次官の主張とは正反対であるという事実のみです。
状況証拠だけを見ると、ハニトラに引っ掛かった無能な役人ってみるのが、
一番しっくりします。
一方だけの主張を是とするのでは無く、公平な目で調査して考えるべきです。

メディアや野党の結論有りきでは、事実を闇に葬る可能性すらある事を
国民は知るべきでしょう。

しっかりとした証拠があるのですから、だれの疑いも受けないように、
セクハラ被害をして、財務次官を追い込むべきです。

現在の状況は、「疑惑はさらに深まった」としか言えません(笑)











































ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]


2018/04/22 23:07 | Comments(0) | その他
日本人は馬鹿なのか、馬鹿にされてるのか?
最近、日本人は馬鹿なのかと思うことが、
多々あります。

今のメディアの報道に、違和感を感じていないのでしょうか?

今回の財務省事務次官のセクハラ疑惑、
不自然な事が多すぎます。

野党やメディアはともかく、与党の反安倍派までも、冷静に物を見ていない情況。
不思議でなりません。

こんな報道が有りました。

テレビ朝日は、
財務省の福田淳一事務次官による女性社員へのセクハラ行為があったとして、
19日、財務省に抗議文を提出しました。
抗議文では、テレビ朝日が調査した結果として
「取材の過程で福田氏からわいせつな言葉などセクハラ行為が相当数あった」
とし、
女性社員は精神的に大きなショックを受けているとしています。
そのうえで、
「福田氏が優越的な立場に乗じて行ったセクハラ行為は到底看過できるものではない」
としています。

さらに、
「このような行為は、正常な取材活動による国民への的確な情報提供を目的とする報道機関全体にとっても由々しきこと」
と厳しく指摘しています。
抗議文では、財務省として事実関係を徹底的に調査し、
早急に結果を公表するよう求めています。
今回の抗議文について、財務省は
「会社としての正式な抗議ということであり、
しっかりと受け止めなければならないが、
まずはお話をきちんとうかがっていく必要があると考えている」
と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180419/k10011410731000.html

だそうです。

まぁ、抗議するのは良いのですが…

「正常な取材活動」って言っちゃいますか?

取材すると宣言し、録音許可を得ていたのでしょうか?

取材宣言せず、食事に行く事は、
プライベートとイコールだと思うのです。

こっそり録音する取材が、正常な取材活動と言い切る事に違和感を感じます。

メディアも、斜め上の擁護を繰り返してます。

こんな風に…

テレビ朝日「報道ステーション」は19日の放送で、
同局が女性社員が福田淳一財務事務次官からセクハラを受けていたと公表した件をトップニュースで報じた。

 同日未明に同局が行った篠塚浩報道局長の会見、
この日朝に福田氏が改めてセクハラを否定したこと、
与野党からの批判、麻生太郎財務相が任命責任を問われて無言だったことなどを伝えた。

 この報道の中で、報ステは篠塚浩報道局長が会見で、
当初、女性社員がセクハラを上司に相談したところ
「上司は放送すると本人が特定され二次被害が心配されることなどを理由に報道は難しいと伝えた」
と説明したことや、篠塚局長が
「セクハラの情報があったにも関わらず、
適切な対応ができなかったことに関しては、深く反省をしています」
と述べたことも伝えた。

 このため女性記者はセクハラ被害が黙認されつづけてしまうのではないかという強い思いから
「週刊新潮」に連絡し、取材を受けた。

 番組で富川悠太キャスターから意見を聞かれた、
ジャーナリストの後藤謙次氏は
「テレビ朝日が最初、女性記者から相談を受けた時、このときの対応については、大いに反省してもらいたい」
と述べた。
一方で
「ただ今回、記者会見をして事実公表したことで、ギリギリセーフ」
とした。

2018.04.19
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/19/0011180303.shtml

だそうです。

何がギリギリセーフなんでしょうか?
完全にアウトでしょ?

セクハラ被害を訴えても、何も対処せず1年以上放置。
企業として終わってます。

取材と明かさず、隠し録音。
さらにそれを他社に流出。

記者として終わってます。

本当に訴えるなら、警察でしょ?

ちなみに、朝日放送には、組合とか法務部とか無いのでしょうか?

コンプライアンスの欠片も無い会社と言うことです。

記者会見の内容が事実であれば、
週刊紙報道が出た時点で、上司は気がついていたはず。

それでも、報道としてだんまりでした。

で、記者会見をしたのが、
週刊紙の続報発売日の午前0時と言う異常さ。
フリーライターはシャットアウト。
中継もさせない特殊対応。

公開されている音声も、
継ぎ接ぎだらけで、会話が分からないようにした次官の発言のみ。

普段であれば、女性の声をチェンジャーで変え、
放送出来ない箇所は「ぴー」でしょ?
何でこんな不自然な出し方するのでしょうか?

何か都合が悪い事を隠していると見られて当然。

常々、政府に対して、
「出さないのは、都合が悪いから…」
とか言ってますよね。

今の状態では、セクハラでは無く、
男女の関係を演じて特ダネ狙ってた美人局と言われても仕方ないと思います。

または、セクハラ黙認で特ダネ取ってこいとしたパワハラの可能性ですね。

もしかしたら、甘い男女の会話だったものを、切り出して、セクハラ犯に下手あげたのでは?
とも想像できてしまいます。

セカンドレイプなのは、メディアでは無いでしょうか?

そして、こんな疑惑山盛りの報道を、
これが正義で、財務省は悪の論調で政治家まで踊る不思議な国日本です。

で、国会議員は、こんなパフォーマンス…

福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑に関して野党が20日、国会内で開いた合同ヒアリングに、女性議員がそろって黒服姿で出席した。

世界で広がるセクハラ告発の「#MeToo(私も)」運動が黒服姿で行われていることに倣ったもので、「#MeToo」と記したプラカードを掲げて「泣き寝入りする社会はつくらない」などと訴え、財務省に謝罪と再発防止を求めた。

野党側はヒアリングで、福田氏がセクハラを否定していることについて「『セクハラではない』と言うことがどれだけ女性を傷つけるか」と批判。女性社員の被害を公表したテレビ朝日が同省に抗議文を提出した際、謝罪がなかったとして「『申し訳ありません』からスタートするのが普通だ」と非難し、福田氏への厳しい処分を求めた。

財務省側は「重く受け止めている。事実確認をしたい」と述べるにとどめた。

ヒアリング後、黒服姿の立憲民主党の蓮舫参院国対委員長は「世の中の女性が声を上げられないという抗議の意味を込めた。基本的には怒りだ」と記者団に語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000032-jij-pol

ほんとに、気持ち悪いパフォーマンス集団です。

そもそも 「#MeToo(私も)」運動って泣きい寝入りしないで、訴える行動しましょうでしょ?

名前とか伏せて、表に出てこず、
最大権力であるメディア駆使してる人に当てはまりませんよ。

#MeToo(私も)を言うなら、本人がどうどうと記者会見とかすれば良いんです。

被害者とされる女性を、
社会的弱者にしたてようと必死過ぎます。
さらに言えば、一番の加害者である朝日放送まで、
被害者扱いしたいのが見え見え。

朝日放送に怒鳴り込まない時点で、女性の人権なんてどうでも良く、
政治的パフォーマンスでしか有りません。

さらに言えば、立憲民主党の中でセクハラ騒ぎがあった人って二人ほどいませんでしたか?
その人達は未だに議員を続けています。
しかも被害者は記者では無く一般女性。
その時に大騒ぎせず、今回騒ぐのは、やはりパフォーマンス。

本来であれば、抜本的再発防止が策定され、企業トップが責任を取らないかぎり、
朝日放送の取材は受けませんくらい言うべきでしょ。
財務次官に言うように、朝日放送にも責任論を語るべきです。

まぁ、お仲間には甘い野党ですから、
朝日にもアマアマなのは、予想通りですが(笑)

こんな報道や野党に、騙される日本人が馬鹿なのか、
この程度で騙せると思われている日本人が馬鹿なのか…

もう少しファクトだけを分析して報道するようにしてもらいものです。
そして、政治家は疑惑や報道に踊らず、ファクトだけで活動するべきです。

今回の件でメディアの信頼はさらに地に落ちたと言えます。
今回の件で目覚める日本人が多い事を願っています。







ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[2回]


2018/04/20 21:00 | Comments(0) | その他
やっぱり野党は国民の敵でしょ!
野党とメディアは、安倍政権打倒の為に、日夜頑張ってますね。
最後の追い込みって感じでしょうか(笑)

まずは報道から…

日米防衛相会談などのため、小野寺防衛大臣が予定しているアメリカ訪問について、
衆議院議院運営委員会の理事会で野党側が、
自衛隊の日報問題などの対応を優先すべきだとして反対し、了承されませんでした。

19日の衆議院議院運営委員会の理事会で、野上官房副長官は、
アメリカのマティス国防長官との会談などのため、
小野寺防衛大臣が20日から22日までワシントンを訪問することに理解を求めました。

これに対し、自民・公明両党と日本維新の会は
「日米首脳会談の直後であり、北朝鮮への対応なども議題になる極めて重要な会談だ」
などとして理解を示しましたが、
立憲民主党や希望の党などは、自衛隊の日報問題などの対応を優先すべきだとして反対し、
意見がまとまらず、了承されませんでした。

閣僚の海外出張については、与野党の申し合わせで、
衆参両院の議院運営委員会と協議することになっていますが、強制力はなく、
麻生副総理兼財務大臣は、了承が得られないまま19日午前、
G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に出席するため、
アメリカに向け出発しました。

このあと開かれた議院運営委員会で、
野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の手塚仁雄氏は
「麻生財務大臣のアメリカ訪問に反対したが、最終的に、
政府の責任でアメリカに向かったと聞いており、極めて遺憾だ」
と批判しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180419/k10011409841000.html

だそうです。

セクハラ問題、財務省の問題などなどあったり、自衛隊の文書問題もあったりしますが…
国益を考えたら、外交優先が当然では無いのでしょうか?

自衛隊の文書問題をグダグダ引っ張って、どうするのでしょう?

セクハラ問題は、財務省と言うよりも、
女性を武器にスクープを取ろうとしたら、元次官がエロだったという結末。
セクハラってよりも、取材方法の誤りと、元次官の勘違いが顛末でしょう。
取材と言わず取材していた記者を、自分に気があるとでも思いこんで、
男と女のエロトークしてたら、録音されてセクハラと言われたって処かなと感じています。
この辺は、色々なところで分析されてますので割愛。

まぁ、外交日程を辞めるほどのネタでは無いですよね。

国益より倒閣、これが今の野党とメディアです。

こんなのもありました。

民進党の小西洋之参院議員は19日の野党会合で、
自身が幹部自衛官から暴言を浴びたことに関し、
小野寺五典防衛相、河野克俊統合幕僚長の辞任を求めた。

「2人が辞職しない限り、将来日本で自衛隊のクーデターが起きる」と批判した。

立憲民主党の辻元清美国対委員長も代議士会で
「自衛官の発言だけで防衛相は辞任ものだ」
と強調。
共産党の志位和夫委員長は記者会見で
「関係者の処分が必要だ。防衛相には厳しい監督責任が問われる」
と語った。 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041901038&g=pol

だそうです。

クーデターって、政権転覆を狙う事でしょ?
小西氏はいつから政権側になったのですか?
一応、大臣も幕僚長も謝罪していますが、それが間違いだと思う事は、
先日書きました。

しかし、小西氏の発言で、ほんとに自衛隊が立ち上がったらどうするのでしょう?

「国家弱体を狙う野党を野放しには出来ない!
 我々の思想の自由も奪う言論弾圧をする野党を殲滅しなければ、
 日本の政治は成り立たない!」

って行動始めたら、小西氏の責任ですよ。
なぜ、そんな発言が自衛隊から自分が言われたかを考えた上で、
そうでは無い!我こそが正義だと主張して、説得しなかったのでしょうか?
心当たりがあり過ぎてビビったってことですかね(笑)

さらにさらに、またまた審議拒否

財務省の福田事務次官が辞任の意向を表明したことを受けて、
立憲民主党は、 麻生副総理兼財務大臣の責任は重大だとして、
辞任を求めるとともに、政府・与党から回答があるまで、
今後の国会の日程協議に応じない方針を自民党に伝えました。

後略

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180419/k10011409671000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

だそうです。

まずですが、人の話を聞きましょう!
財務次官が辞任したのは、「仕事にならないから」です。
セクハラに関しては、未だに否定されています。
朝日記者は取材だったかもしれませんが、この次官にとっては愛人だった可能性が
濃厚の今回の疑惑。
道徳的に見て、次官はNGですが、セクハラってのとは少し違う気がします。

で、メディアや野党に追い回されるから仕事なんて出来ない。
だから辞任したって言ってるだけ。
事実かどうかは別として、ストーリーとしては成り立ちます。

どちらが黒かわからないのに、黒決めつけ。
しかも、個人の問題なのに、大臣に責任取れとかむちゃくちゃです(笑)

この理屈にそったら、朝日社長は当然辞任、該当記者の上司は首なんですよね?
それとも、認めたからセーフなんて報道ステーションみたいな理論ですか?

買春していた新潟知事、これを推薦した共産党社民党自由党は
推薦責任をどうやって負うのでしょうか(笑)

まさに、自分達に甘く、人に厳しい野党とメディアです。

とまぁ、こうして見ていくと、やっぱり野党もメディアも
事実の追及なんてどうでも良く、難癖付けて、大臣を辞めさせたいだけじゃん。
で、政権にダメージを与えて、安倍総理を引きずり下ろしたいだけ。

国民なんてどうでも良い、真実なんてどうでも良い姿勢と言えます。

まぁ、麻生財務大臣は辞任して、麻生副総裁一本にするウルトラCを
して欲しいなって思ったりします。
財務大臣としては責任をとって辞任しても、副総裁辞任する必要は無いですよね。
で、財務大臣に麻生氏に近い人間を持ってくれば良いと考えたりします。

こうすれば、野党の言う財務大臣としての責任を取っても、
政権の中枢である麻生氏は内閣に残る事が出来る事になります。

言葉遊びには言葉遊びで返すくらいで丁度よいでしょ?

今、安倍政権に倒れられたら、また暗黒の時代に戻ります。
少なくとも北朝鮮問題が一段落するまでは、安倍さんでないとダメでしょう。

中国や北朝鮮、韓国にとって煙たい安倍総理を
何とか辞めさせる事に集中している野党は、
やっぱり「日本国民の敵」だと言わざるをえません。


















ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/04/19 22:30 | Comments(0) | その他

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]