ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
さようなら偉大な韓国様
日韓議員連盟が総会を開いたようですね。
それに合わせたのか、どうかは分かりませんが、
韓国は日本の神経を逆なでする事が大好きなようです。

政府、韓国軍の竹島防衛訓練中止求め抗議
12/13(木) 13:15配信 産経新聞

 政府は13日、韓国海軍が竹島(島根県隠岐の島町)周辺海域での防衛訓練を公表したことに対し、
東京とソウルの外交ルートを通じ韓国政府に抗議した。
「到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ。中止を強く求める」
と伝えた。

 抗議は、東京で金杉憲治アジア大洋州局長が金敬翰(キム・ギョンハン)在日韓国大使館次席公使に、
韓国では日本大使館の水嶋光一公使が韓国外務省の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長にそれぞれ行った。

だそうです。
何処までも喧嘩売る気満々。
日本でも、韓国擁護はどんどん厳しい状態になってきています。
自民党議員では、韓国に厳しい批難決議がされたようです。
もはや、呆れる状態。

これだけの事をしておきながら、甘えた事を言うのが韓国です。

韓経:【社説】疎遠になる韓日関係、このまま続いてはならない
12/13(木) 9:40配信 中央日報

あすソウルで開かれる韓日議員連盟年次合同会議には日本首相の祝辞がないという。
この会議が開かれるたびに韓国の大統領と日本の首相が両国関係発展を祈願する祝辞を送るのが慣例だった。
訪韓した30人ほどの日本の議員は青瓦台(チョンワデ、大統領府)も表敬訪問するが、
韓国大統領に伝える例年の首相の親書も今年はないという。
韓国と日本の外交関係の実状をそのまま見せるようだ。

「過去史」から始まった韓日の疎遠な関係はとても長引いている。
3年前にどうにか慰安婦交渉が妥結し数年にわたり続いた過去史議論は一段落しそうだった。
だが韓国で政権が変わった上に最近韓国の大法院(最高裁)が
「日帝強制徴用者賠償判決」を確定し、両国関係は最悪に突き進んでいる。

これではいけない。
過去の問題に対する日本の前向きな姿勢は目新しい要請でもないがわれわれも過去よりは未来、
感情・感性よりは理性と論理で進む必要がある。
「過去史は韓国には辛い歴史だが冷静にアプローチしなければならない」
という在日本大韓民国民団団長の呼び掛けに耳を傾ける必要がある。

外交は相手が明確な「国の生存ゲーム」だ。慰安婦問題でなくとも国家間の合意を破った時に相手国はどのような立場になるのか、
国際社会が見る目はどうなるのかも判断しながら賢く対処することが重要だ。
ぎすぎすした韓日関係は伝統的な韓米日地域安保協力関係にも影響を及ぼしかねない。
この渦中に韓国外交部は「中国局」の新設を推進しており、
この問題にも日本は非常な関心を見せているという。

過去史で見れば中国と日本の間にもこの上なく大きな傷があった。
だが最近安倍晋三首相の中国訪問を契機に両国は明確に「協力強化」に進んでいる。
韓日間にも協力することは多い。
経済と安保にわたる中国の激しい行動も韓日が協力してこそ阻止できる。
両国経済界でも関係改善にもう少し積極的に出ることを望む。

だそうです。

はっきり言って、何を甘えた事を言ってるのでしょうか?
色々な問題の起点はいつも韓国です。

偉大な韓国様は、何をしても日本が最終的には譲ってくれるはず。
だって、偉大な韓国様を大切に思ってるはずだから。
過去の事を引きずり出せば、日本は土下座するしかないって、
信じているのでしょう。

何とかして、日本を悪にとどめたい韓国は、
慰安婦が賞味期限切れになりそうなので、こちらで攻めるようですね(笑)

来年、韓国蔚山に三一節記念強制徴用労働者像設置へ
12/13(木) 6:43配信 中央日報

強制徴用労働者像の模型
韓国の市民団体「3・1節100周年記念蔚山(ウルサン)強制徴用労働者像建立推進委員会」(以下、推進委)は12日、
「来年の三一節(独立記念日)100周年を合わせ、強制徴用労働者像を建立する」と明らかにした。

ユン・ハンソプ推進委共同代表はこの日、市のプレスセンターで開かれた記者会見で
「労働者の都市蔚山で、二大労総が手を握って市民と共に強制徴用労働者像の設置を考えている」
とし
「過去に犠牲になった先輩労働者の痛い傷を記憶して癒やし、
未来労働に対する新しいビジョンと意志を込めたいと思う」
と伝えた。

推進委が設置を計画中の労働者像は、
縦横4メートルの土台の上に高さ2メートルの花崗岩の壁面を背景にしている。
労働者像は、身長170センチのあばら骨があらわになった痩せ細った労働者が正面をまっすぐ見つめながら、
当時使っていた海底石炭採掘用のツルハシを両手に持っているというものだ。

壁面には
「日帝強占期の人権蹂躪と労働搾取!記憶しなければならない強制徴用の歴史です」
という文句が刻まれる。
後面には「記憶、追慕の空間」として、重さ約20トンの巨大な体積がもたらす石の塊りの
物理的・造形的な重量感に押さえつけられた洞窟と、その中で労働する劣悪な環境を演出している。

だそうです。

まず韓国って国語力ないですよね。
強制でない徴用って何なのでしょう?
徴用じたいが、「法律」で定められた強制です。
それにあえて「強制」をつけるのが理解不能。おそらく徴兵制をしている手前、
徴用が悪とは言いにくいのでしょうね(笑)
強占期って何なのでしょう?日本は武力行使もした事ないですし、
話し合いで条約的に日本になったのに何言ってるのでしょうか?
因みに、炭鉱で働いていた人って、大金を得ていたはずです。
具体的な人権蹂躙や労働搾取の証拠は出てくるのでしょうか?
また、日本人労働者の写真や、日本で起きた日本人が死んだ事故の写真とかを
捏造流用するのでしょうか(笑)

もはや、自分達の被害者の立場を確保しようと必死ですね。

こんなにも日本に対して、嘘捏造で攻撃しておきながら、ツートラックとか訳の分からない事を
平気に口にできる異常性が韓国です。

そして、とうとう文大統領が言っちゃいました。

徴用工判決「請求権消滅せず」=韓国大統領が言及
12/14(金) 14:56配信 時事通信

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は14日、訪韓中の日韓議員連盟の額賀福志郎会長らと会談し、
元徴用工らへの賠償を命じた一連の韓国最高裁の判断について
「(判決は)労働者個人が日本企業に請求した損害賠償請求権まで消滅したものではないとみている」
との認識を示した。

 ただ、1965年の日韓請求権協定について
「最高裁判決も否定していない。有効だ」
とも語った。韓国大統領府が会談内容を発表した。

 また、日本政府関係者から韓国への批判が続いていたことを念頭に、
「両国民の敵対感情を刺激しないよう慎重かつ節度ある表現が必要だ」
と指摘。
「両国間の友好感情を害することは韓日未来関係の発展に役に立たない」
と述べ、日本側に自制を求めた。

だそうです。

大統領が、
「労働者個人が日本企業に請求した損害賠償請求権まで消滅したものではない」
と言っちゃいました。
これだけは言っちゃダメなセリフでした。
これ言ったら、もうどうしようも無くなります。
個人の請求権は消滅していていないならともかく、「企業に請求」をつけたら完全な
国家間協定違反です。
いくら協定は有効だなんて言っても、後戻りできないちゃぶ台返しを大統領が認めた事になります。

両国民の敵対感情を刺激しないようって、韓国人に対してだけ言ってるのも明白。
日本人の感情は知るかって所でしょう。
韓国人の感情を抑える事を全くせず、韓国人の感情に任せた行動を連発しておいて、
日本人の感情を何とかしろってのは虫が良すぎます。

もう、完全に国家として成り立っていないとしか言えません

さらに追加判決も出ました。

韓国で三菱重工に賠償命令
12/14(金) 15:02配信 共同通信

 【光州共同】韓国南西部の光州地裁控訴部は14日、太平洋戦争時に名古屋の軍需工場へ動員され、
強制労働をさせられたなどとして元朝鮮女子勤労挺身隊員の韓国人女性ら2人が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、
同社に支払いを命じた一審判決を支持する原告勝訴判決を言い渡した。

 昨年8月、光州地裁が一審判決で計約1億2320万ウォン(約1200万円)の賠償を命じ、
同社が控訴していた。

 訴訟の原告は、元挺身隊員の金英玉さん(86)と、挺身隊員として工場にいた際に1944年の東南海地震で亡くなった崔貞礼さんのおいの妻に当たる李敬子さん(75)。

だそうです。

もうね、留まる事はないでしょう。

韓国政府は一体どうするのでしょう?
日本としては、韓国政府が肩代わりする以外に認められる対策は一切ありません。
基金を作ってとか舐めた事を考えて居るようですが、それもあり得ません。

そうこうしている間に12月24日の差し押さえが迫っています。
もう、韓国と言う国には、さようならを言うしかないと考えて居ます。

まぁ、韓国も近々、経済崩壊して北朝鮮に併合されるでしょうから、
本当にさようならですね(笑)










ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]

PR

2018/12/14 23:00 | Comments(0) | その他
野党とメディアの常識非常識(笑)
メディアも野党も、河野外務大臣がよほど煙たいのでしょうね。
ロシア官僚の発言に対しての質問に全く答えない河野大臣に大騒ぎです。

河野氏は外相失格=「トランプ氏よりひどい」―立憲幹部
12/11(火) 17:43配信 時事通信

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は11日、
河野太郎外相が北方領土交渉に関する記者の質問を立て続けに無視したことについて
「トランプ米大統領よりひどい。情報公開の姿勢にも、誠実さにも欠ける。外相失格だ」
と厳しく批判した。

 国会内で記者団の質問に答えた。

 辻元氏は、河野氏が与党議員として政府に情報公開を求めてきたことに触れ、
「言っていることとやっていることが違う。安倍政権に染まるとこうなってしまうのか」
と酷評。
「よほどロシアとの交渉が厳しいものになっているのではないか」
との見方も示した。 

だそうです。

まず、大問題なのは、野党の分際で、世界最大の国家であり、同盟国のアメリカ大統領を、
「ひどい」の比較対象にしたこと。
これ、河野大臣を批難しながら、アメリカ大統領も批難しているのと同じです。
外交的に見たとき、完全な失言です。

ロシアとの交渉、これって、かなり難易度が高い外交案件。
これに対して、迂闊な事を言って、メディアが好きに騒ぎ、それを野党が追随するマッチポンプされたら、
まとまる交渉もまとまりません。
もともと、河野代表は一切話さないって言ってるのですから、聞くだけ無駄であり、
間違いだとも言えます。
で、
「よほどロシアとの交渉が厳しいものになっているのではないか」
とか言ってますsが、厳しいのわかりきってるでしょ?
楽勝とか思ってたんですか?

馬鹿ですか?

因みに、辻元氏の所属する立憲民主党の党首は、文科省の斡旋収賄に関して
記者から質問された時、何聞かれても「知見が無い」で終わらしてましたが、
これって、
情報公開の姿勢にも、誠実さにも欠けてますよね?
言っていることとやっていることが違う。左翼に染まるとこうなってしまうのかって言いたい(笑)
「よほど事実関係が厳しいものになっているのではないか」
って事ですよね。

まぁ、何等かの成果がでそうなロシア交渉、もし成果が出てしまえば、
野党としては大打撃ですから、必死なんでしょうね。

日本国民の為?

そんな事ありませんよ。
だって、こちらには無反応です。

韓日外相が電話会談 「強制徴用判決で意見交換」
12/12(水) 14:46配信 中央日報

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が12日、河野太郎外相と電話会談を行い、
日帝強制徴用被害者の判決に関する両国の意見を交換した。

外交部はこの日の記者会見で
「康長官が日本側に徴用問題に対して慎重に対応するよう求めた」と明らかにした。
外交部「康長官がこの日の電話会談で判決に対する韓国政府の立場を説明して慎重な対応を日本側に求めた」
とし
「両長官は今後も継続して緊密に疎通していくことを確認した」
と述べた。

とか言ってます。

これに対して、何故メディアは野党に聞かないのでしょう?
何故野党は外務省に「弱腰」批難しないのでしょう?
なぜ、韓国に対して苦言を言わないのでしょう?
そして、メディアは何故この問題を静観しているのでしょう?

ロシアとは非常に難しい交渉中であり、決裂の可能性もあるでしょう。
何の正式発表も無い状態で、あーだこーだ推論で騒ぐのは適切ではありません。
それに対して、韓国は妥結した交渉のちゃぶ台返し。
これに対して、ダンマリをする野党とメディアは、韓国に対しての
誤ったメッセージとなります。
韓国に反対しているのは、政府与党と一部の日本人だけで、多くのメディアは気にもしていないと
受け止められかねません。

ロシアやアメリカに対する物言いと韓国に対する物言いに差が有り過ぎですね。
野党は都合の良いコメントばかりせず、
日本と日本人の為になるコメントをしてもらいたいものです。

まぁ、それが出来れば、こんな低支持率にはならなかったでしょうけどね(笑)



ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]


2018/12/12 21:08 | Comments(0) | その他
結局、野党は外国人受け入れに賛成らしい(笑)
国会閉幕、外国人労働者の受け入れ拡大に関する入管法改正法案は、すったもんだの末、成立。

移民受け入れにつながる法案だけに賛否両論あるのは分かりますが、
報道の仕方には、大いに疑問。

あまり語られなかったのは、入管法が厳しくなるって部分はほぼほぼ報道されませんでした。
強制送還を受け入れない国からの受け入れもしないって事など、
今より厳しくなる部分は伏せて、拡大する部分だけを取り上げ不安を煽る報道ばかり。
そして、この法案とは全く別物である民主党時代にもあった外国人技能実習制度の
悪い部分ばかりを取り上げた本質を無視した内容ばかりでした。

そして、もっとも不思議だったのは、過去にも書きましたが外国人を沢山入れたい野党が、
受け入れ反対し、受け入れ反対の自民が受け入れを訴えるネジレ。

しかし、やはりというか、野党の目指すのはこれなようです。

長妻昭政務調査会長は、成立した改正出入国管理法をめぐって、
「現行の『外国人技能実習制度』については、段階的に新制度へ移管/統合した後、将来的に廃止する」
「総務省(または内閣府)の下に新たに『多文化共生庁(仮称)』を設置する方向で検討する」
などを盛り込んだ
「多文化共生社会と外国人制度のあり方に関する将来ビジョン(中間報告)」
を党として取りまとめているとあらためて報告。

「これで終わりではない。技能実習生の闇を明らかにするためのワーキングチームを政務調査会のなかに設置し、
来年、政府がおかしな省令や政令を作らないように、いまの法律を変えて運用するように引き続き取り組んでいく」
と力を込めました。

全文は以下リンク先へ
[立憲民主党 2018.12.10]
https://cdp-japan.jp/news/20181210_1180

だそうです。
『多文化共生庁(仮称)』ってことは、日本人より外国人の方の為の庁を作って、
手厚くしていこうって方針なようで、
日本人がとか言ってますが、結局はこれなようです。

技能実習生の闇とか言っちゃいってますが、今更感満載ですね。
因みに技能実習生の闇の問題は、現地悪質ブローカーと一部のブラック企業が問題。
ブラック企業には日本人も多くが苦しめられています。
にも拘わらず、日本人より外国人保護が優先なようですね(笑)

また、こんな話も…

立憲民主、外国人労働者の家族の帯同や移動は、制限検討で緩和していく方針
立憲民主党は22日の政調審議会で、外国人労働者の受け入れ拡大に関して
「多文化共生庁(仮称)」の設置や、総数を規制する新制度の創設を柱とする中間報告をまとめた。
旧民進党系の野党3党派でつくる議員連盟がまとめた入管難民法などの改正案の対案に近い内容。
拙速な議論は避け、今国会中は最終報告を出さない見通し。

新制度は、受け入れ枠について国内労働者では充足できない状況かどうか客観データを基に判断。
一定の在留期間の経過後、日本語レベルなどの基準を満たす場合に限り、
在留資格の延長や更新ができるようにする。
家族の帯同や移動は、必要な制限を検討した上で緩和する方針だ。

[毎日 2018.11.24]
http://mainichi.jp/articles/20181124/k00/00m/010/046000c

だそうです。

つまり、緩和したいって事ですよね。
制限制限ってよりも、人道的だとかなんとか言いだして、緩和して、
最終的には、外国人参政権が狙いなのでしょう。

今回の法案はざるだざるだって言いながら、それよりも規制緩和しようって目標ですから、
笑ってしまいますね。

結局、今回の反対は、反対の為の反対であったことが良く分かります。
さらに言えば、反対していたのは、規制が厳しくなる事に対して反対していたことになります。

外国人受け入れに関しては慎重であるべきでしょう。
しかし、現状でも留学という名目で就労していたり、旅行ビザで就労していたりする
所謂、不法滞在や不法労働者が溢れています。

こうした不法滞在者をしっかり排除して、法の下に就労して頂くってのが大切でしょう。
誰でも受けれる訳ではありません。
法を犯したものを強制送還できる国からしか、この制度を適応できなくするのですから、
今よりも厳しくなる面が沢山あるのです。

野党が本気で、外国人の受け入れを反対していると信じてはダメです。
彼らが狙っているのは日本人の為の制度では無く、
如何に簡単に外国人が日本に居座れるようにするかです。

騙されないようにしましょうね。
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/12/11 22:53 | Comments(0) | その他
抗議は差別では無い!
何でもヘイトだとか差別だとか言って、言論封殺しようとする日本。
言論の自由と表現の自由はどこへ行ってしまうのでしょうか?


報道から
日本の右翼勢力が9日、東京の都心部で先月に続いて韓国に対する反感を露骨に表し、
再び嫌韓デモを行った。

日本の右翼勢力はこの日の午後、40人余りが東京・日本橋近くの公園に集まって集会を開いた。

参加者は日章旗や旭日旗とともに
『超嫌韓時代』、『日韓断交』、『竹島を返せ』などが書かれたプラカードを掲げた。

これらは日本人だけでなく、韓国人を始めとする外国人が多く訪れる東京駅や銀座一帯を移動して、1時間以上デモをした。

去る10月末、日本企業の新日鐵住金に対する韓国大法院(最高裁)の徴用賠償判決の後、
東京都心部でこのようなデモが開かれてから今回で2度目である。

先立って右翼団体である『行動する保守運動』は、大法院の判決に抗議する集会を先月10日に同じ場所で開き、
ホームページを通じて今回集会について『韓半島(朝鮮半島)に対する抗議行動』であると予告した。

右翼勢力は、
「大法院の賠償判決に怒りを感じる」とし、「日本企業を守ろう」、「国際約束を無視したのは韓国だ」
と主張した。

また、北朝鮮による日本人拉致問題とミサイル問題を取り上げたり、
『BTS(防弾少年団)解体』と書かれたプラカードも掲げた。

大法院の判決後、日本メディアが防弾少年団の某メンバーが過去に着ていたTシャツを問題視すると、
11月初旬に防弾少年団のテレビ出演が取り消された。

この日、右翼勢力の嫌韓デモに対抗して、マッブル(向かい火=対抗)デモも続いた。
マッブルデモ者は『差別主義者は恥を知れ』、『差別主義者は帰れ』、『韓日友好』、『ヘイトスピーチを受け入れない』
などが書かれた紙を掲げた。

ヘイトスピーチ(hate speech)は在日韓国人を対象にした嫌韓発言など、特定集団に対する公開差別・嫌悪発言を意味する。

マッブル(向かい火=対抗)デモに参加したある40代の男性は、
「安倍晋三政権になって日本社会が急激に右傾化して差別が大きくなっている」とし、
「危機感を感じてマッブルデモに参加した」と話した。

デモを見守っていたある日本人男性に感想を求めると、
「悲しい気がする」とし、「韓日関係が良くなればいい」と話した。
また別の日本人女性は、「このような機会はあまりないので、意見を述べるのは良いと思う」と話した。

右翼勢力が東京の中心街を通って混雑が起き、警察も人員を大挙投入した。

駐日韓国大使館はホームページを通じ、
「日本の警察当局と緊密に協調して、右翼デモ隊の過激行為防止のために努力している」とし、
「我が国の国民もデモ隊への接近の自制、不必要な対応の自制など、
身の安全に最大限に留意して欲しい」と求めた。

最近、極右勢力の動きが強くなっているのではないかという懸念が提起される中、
去る8日に慰安婦ハルモニを素材にした映画『沈黙-立ち上がる慰安婦』の上映会が開かれた
神奈川県の横須賀市民会館では、右翼の妨害行為を憂慮した市民が建物を守った。

ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=011&aid=0003461292

だそうです。

まぁ、これ報道したのは韓国メディアですが、何を言ってるのでしょうか?
自分達が批難されたらヘイトって、頭おかしいでしょ!

『ヘイトスピーチ(hate speech)は在日韓国人を対象にした嫌韓発言など、特定集団に対する公開差別・嫌悪発言を意味する。 』
って、完全に意味間違えてまますよ。

「大法院の賠償判決に怒りを感じる」「日本企業を守ろう」「国際約束を無視したのは韓国だ」
「北朝鮮による日本人拉致問題とミサイル問題」『BTS(防弾少年団)解体』
とありますが、つまり韓国人を差別したのではない事が明白ですね。

あくまでも、韓国が日本に対して行っている横暴に対する抗議、北の横暴に対する抗議、
原爆を称賛する行為に対する抗議です。
それが全て韓国の問題であるってだけです。
だから、韓国なんて嫌いですって主張は差別でもなんでもありません。

マッブルデモ者の主張である
『差別主義者は恥を知れ』とありますが、差別していません。抗議です。
抗議する行動を差別と置き換えて、言論封殺をしようとしている暴力行為です。
『差別主義者は帰れ』も同様。自分達が効きたくない事を訴える人達に帰れが許されるなら、
日本を馬鹿にする韓国人は国に帰れは許されるはずですよね。
自分達が正義だって異常な思考が無ければ出来ない主張です。
『韓日友好』を叫びたければ好きにすればよいです。
でも、嫌いって言う個人の思考の自由を侵害して良い事にはなりません。
嫌いな者を嫌いと言う自由を許さず、友好しか許さないってのは強引すぎますよね。
『ヘイトスピーチを受け入れない』って、結局の処、彼ら主張している
「大法院の賠償判決に怒りを感じる」「日本企業を守ろう」「国際約束を無視したのは韓国だ」
「北朝鮮による日本人拉致問題とミサイル問題」『BTS(防弾少年団)解体』
に対して、そうじゃないって言えないから、ヘイトだって置き換えているだけです。
言論には言論で対抗し、相手の主張の誤りを訴えるべきです。
もっとも、これらの内容に反論することなんて出来ないとは思いますが(笑)

過去の嫌韓デモのように、「殺せ」だの「叩き出せ」だのと、不特定多数の韓国人に
無条件に罵声を浴びせるようなのはダメだと思いますし、
ヘイトスピーチと言えるでしょう。
しかし、今回のこの報道、しかも日本憎しの韓国のメディアの報道ですら、
そのような差別攻撃要素は出てない事から、単なる抗議デモと言えます。

これにカウンターする左翼集団の方が異常であり、言論の自由の侵害と言えるでしょう。
そもそも、このところの韓国の横暴に関しては、
今まで韓国を擁護してきた人達ですら、擁護困難になっている状態。
韓国を批難するから、右翼だってのは間違っています。
今まで左に寄り過ぎて、大人しすぎただけで、普通の抗議でしょ、こんなの!

「安倍晋三政権になって日本社会が急激に右傾化して差別が大きくなっている」ってのも間違い。
安倍政権が普通のあるべき外交をしているだけです。
韓国に甘々な対応をしなくなっただけ。
さらに、メディアが隠しても、ネットで拡散され事実を知る人が増えただけです。
左から真ん中に来たら右傾化ってのは、左翼を中道って言ってるに等しいですね。

まぁ、左翼の人達は、自分達の主張「のみ」が正義であり、
それ以外は全て悪の右翼ですからね。
言論の自由と表現の自由を侵害しているのは、外ならぬ左翼の人達やメディアなのです。

何度も言います。
抗議することは、ヘイトではありません。
抗議することがヘイトなら、米軍出ていけもヘイトになりますよ。
それでいいですか?左翼の皆さん(笑)
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]


2018/12/10 23:23 | Comments(0) | その他
不思議と静かな国会周辺
散々、特定野党が妨害していた入管法改正が通過しましたね。

毎回毎回、よくこれだけパフォーマンス出来るなって思います。

まずは報道から…

入管法審議で牛歩・長々演説、野党最後の抵抗
12/7(金) 20:53配信 産経新聞

 出入国管理法改正案などをめぐる攻防が繰り広げられた7日の国会で、
野党は審議遅延戦術を繰り広げて最後の抵抗を見せた。

 参院本会議では、横山信一法務委員長(公明)と堂故茂農林水産委員長(自民)の解任決議案がいずれも否決されたが
、採決までの過程で野党は抗戦を際立たせた。

 与党が提出した両委員長解任決議案の討論時間を制限する動議の採決時、
自由党の山本太郎共同代表は、投票箱までゆっくり歩いて議事進行を遅らせる「牛歩戦術」に出た。

 自由党の森裕子幹事長は堂故氏の解任決議案の趣旨説明の際、
制限時間を10分以上超えて演説を行った。

森氏は伊達忠一議長の注意を聞き入れず演説を続けた

が、最終的に、議院運営委員会野党筆頭理事の白真勲氏(立憲民主)に促されて降壇した。

 その直後の与野党理事による議場内での協議の際、
議運委与党理事の大家敏志氏(自民)と白氏がもみ合いとなった。
主要野党各会派は「暴力に近い形でこづいた」などと抗議し、
自民党も謝罪したが、野党側は納得しなかった。

 その後、自民党の関口昌一、立憲民主党参院会派の芝博一両国対委員長は国会内で会談し、
自民党側が大家氏が「暴力に近い形でこづいた」ことを認めて謝罪。
議運委理事を辞任することで決着したが、議事は3時間以上ずれ込んだ。(千田恒弥、大島悠亮)

だそうです。

まず言いたいのは…、「暴力に近い形でこづいた」だそうですが、
特定野党の皆さまの方がよほど暴力的では無かったですか?
自民党がすれば、僅かな事でも暴力だけど、野党の暴力は採決阻止のための抵抗になるのって、
異常すぎますよね。

この一連の採決を録画でみた中学の息子は、「中学生以下な事して恥ずかしくないのかな」
って言ってました(笑)

さて、この法案に関して、一番不思議なのは、所謂「市民」が静かな事。
韓国や中国にとって嫌な「安保法制」や「特定機密保護法」の時は、国会前で大騒ぎしていましたよね。
共産党や社民党が動員した旗をたなびかせながら太鼓叩いていた人達。
今回、野党がこれだけ騒いでいるのに、静かだと思いませんか?

いつもなら、「国民がこれだけ反対しているのに…」って答弁したり、
所謂「市民」に交じって大騒ぎしたりしているのに、今回は静かです。

不思議でなりません。

これ、もともと言われていたネジレが原因なのかなって思っています。
本来であれば、外国人を無制限に受け入れて、過度な保護と福祉を与えろってのが野党で、
外国人をなるべく受け入れないが与党でした。
しかし、この国会はそれが逆転。
野党としては、賛成したいけど、反対しないと存在意義が見いだせない、
どうせ反対しても成立するから、仕事するふりして大反対しとこうって所でしょか(笑)
だから、動員して大騒ぎもせず、全国でデモもしてないのです。

今回の法案、実は入管法としては厳しくなります。
不法残留者の強制送還の厳格化などもあります。
野党が嫌がるのはこの辺りなのでしょう。

しかし、外国人の受け入れ反対!とは叫べないジレンマ(笑)
今回の法案ほどプロレスだと感じた事はありませんでした。

ただ、このパフォーマンスの反対の為に、国家公務員や警備の方がかなり残業して、
無駄なお金が拠出されたのだけは間違いありまえん。
結果が分かっているのに、引き延ばしをするのはパフォーマンスでしか無いのです。
このやってますパフォーマンスも国民の税金で行われているのです。

確かに、この法案に関して、審議時間が短い気はします。
しかし、この法案に全く関係がない「外国人技能実習制度」を攻め口にして、
本来するべき議論をしませんでした。
これでは、審議を継続する意味なんてありません。

本当に外国からこられる方の事を考えて居るのであれば、野党はもっと前に問題にするべきでした。
とってつけたように問題視しても無意味です。
しかも、制度を悪用した事業者の処罰を強化することには触れない不思議。
もしかしたら、野党の国内外の支持者に悪質業者やブローカーがいるのでしょうか(笑)

本来であれば、法案に対して修正協議を申し入れ、悪質なブローカーからは受け入れないとか、
悪質な業者は処罰を強化するとかを入れるべきでした。

それをせずに、今が問題だ問題だって騒いでも意味ありません。
ちなみに有田氏が取り上げた死亡人数、日本人と比較すると、かなり低い死亡率。
如何に技能実習制度が安全かを証明する内容だったんですが、
母数を隠して印象操作した結果、ネットでは外国人ファーストって言われるしまつ。

国会議員は仕事してもらいたいものです。

また、今回の事で、国会前で騒いでる人達は、日本の事を考えて居るのではなく、
特定野党の思いに従ってるだけってのがはっきりしましたね。







ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/12/08 23:19 | Comments(0) | その他

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]