ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
総裁選の結果を捻じ曲げるメディア
自民党総裁選が終わりました。

予想通り、安倍氏圧勝。

多くのメディアの予想より、石破氏の得票が多かったので、
安倍氏の求心力が…と精神勝利の報道ばかり(笑)

これって、メディアの予想が外れた負け惜しみでしかありません。

報道から…

総裁選の開票結果が発表された。

安倍晋三首相は553票(国会議員票329票、地方票224票)。

石破茂元幹事長は254票(国会議員票73票、地方票181票)。

安倍氏の連続3選が決まった。
石破氏が島根で圧勝 群馬・茨城・三重・富山・高知・徳島・宮崎でも上回る

自民党総裁選は、党員・党友による地方票の開票作業が各都道府県で進んだ。

朝日新聞の取材によると、3選を目指す安倍晋三首相の地元・山口県や和歌山県など首相が石破茂・元幹事長を上回る県が多いものの、
石破氏も事前の両陣営の予想より健闘。島根県では石破氏が圧勝しているほか、
群馬、茨城、三重、富山、高知、徳島、宮崎各県でも石破氏が得票数で上回っている。

首相支持の国会議員が多数を占める県でも、地方票では石破氏が首相票に迫る結果が出ているところもある。
秋田県は数百票差で、わずかな差となっているという。
石破氏を支持する吉田博美参院幹事長の地元・長野県は接戦だったという。

https://www.asahi.com/articles/ASL9M5JD5L9MUEHF00C.html?iref=com_alist_8_02

だそうです。
朝日らしい印象操作記事ですね。

「石破氏が島根で圧勝 群馬・茨城・三重・富山・高知・徳島・宮崎でも上回る」
「安倍晋三首相の地元・山口県や和歌山県など」
とか書いてます。
これ、安倍氏支持が少なく見えるように印象操作ですね。
現実は、石破氏は8県のみで上回れたけど、その他は負けなんですよ。
そして、地元鳥取でも負けてるのですね(笑)

石破氏大健闘みたいな報道が目立ちますが、それって、メディアの予想が大外れだった結果です。
票読みの状況なんて、党内部から出てる訳ではありません。

結局の処は、石破氏惨敗がファクトです。。

2012年と今回を比較すると石破氏の惨敗が良く分かります。

2012年の地方票は、 計300 安倍87 (29%) 石破165 (55%) 石原38 町村7 木木3 でした。
つまり、この時点では、石破氏圧勝の地方票に対して、安倍氏3割でした。

これが2018年の地方票で見てみると、計405 安倍224 (55%) 石破181 (45%)でした。

つまり、地方に強いと言っていた石破氏が10%支持を落とし、
安倍氏が26%支持を増やした事になります。
当然、候補者の数が違うので単純比較はできませんが…
候補者が多いにも関わらず55%もあった支持が、候補者2人になって45%ってのは、
地方の支持も多く失ったと見るべきでしょう。

ちなみに、議員票を見てみると…
2012年は、計197 安倍108 (55%) 石破89 (45%) だったのに対して、
2018年は、計402 安倍329 (82%) 石破73 (18%)だったのです。
つまり党員票を見ても、石破支持は激減。

これを見て、石破氏大健闘っていうメディアは、
自分達の予想が外れた事を隠して、実際の得票数の分析をせずごまかしてるにすぎません(笑)

さて、頑張って石破氏を応援していたのはメディアだけではありません。
野党も石破氏応戦してました。

結果を見ての反応は…

国民民主党の玉木代表は国会内で記者団に対し、
「党員票は、かなり石破氏が善戦した印象だ。
『安倍1強』への不満を表した数字だと思うので、来年の参議院選挙で、
不満の受け皿となるような野党側の態勢を作っていかなければならない」
と述べました。

また、憲法改正について
「『歴史に名を残したい』という私的な思いで憲法を改正するのは、
国民のための改正とは言えない。
丁寧な国民的議論を進めるべきで、野党側の意見もしっかり聞いてほしい」
と述べたほか、
「外交でもさまざまな問題があり、一日も早く臨時国会を開き、安倍総理大臣が説明してほしい」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180920/k10011637781000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_016

だそうですが…
まず、石破氏善戦…ってのは先の分析同様、玉木氏の予想が間違っていただけ。
で、不満を表したってのは、根拠の無い希望ですね。
さらに憲法、安倍氏がいくらやりたいって言ったって、最後は国民投票。
国民が決める事は、完全にスルーした発言ですね。

で、共産党は…

共産・志位氏
「安倍政権に対する国民の批判の強まりを反映した数字」
 共産党の志位和夫委員長は記者会見で、総裁選の地方票で安倍氏が伸び悩んだことについて、「一般の党員・党友は国民の気持ちとより近いところにある。
安倍政権に対する国民の中での批判の強まりを反映した数字だ」
との見方を示した。

 志位氏は
「国民の中では国政の私物化、民意を無視した数々の暴走政治に対する批判と怒りが深く広がっている」
と指摘。
「自民党の総裁として3年の任期を得たかもしれないが、国民がそれを許したわけではない」
と強調した。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL9M5JD5L9MUEHF00C.html

まぁ、いつもの調子で、どちらからでもいう左翼思考全開ですね。
「一般の党員・党友は国民の気持ちとより近いところにある。」人達の55%が安倍氏支持です。
つまり国民の半数以上は安倍氏を支持していると言ってるようなもの(笑)
そりゃ、共産党は常に100%で委員長の座を決めてますから、それからみたら少ないのでしょう。
それは独裁者と民主主義の違いです。
安倍氏より長く、党のトップに居る人間に言われたくないですね(笑)

消えかけてる政党代表の社民党は…

社民党の又市党首は記者会見で、
「本日を安倍政治の終わりの始まりにしなくてはならないという決意を新たにして、
野党共闘を強化していきたい。安倍総理大臣は立憲主義、民主主義、平和主義を踏みにじり、
森友、加計問題でも、全くけじめをつけない政治腐敗の当事者だ。
そうした問題を、野党が共通して訴えていけば、来年の参議院選挙はわかりやすいし、戦いやすい」
と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180920/k10011637991000.html

だそうです。

人の批判だけして、支持貰おうなんて甘すぎます。
何の期待も持てない野党にだれが入れるのですか(笑)
これを見ていると、もはや1党では勝ち目無いと言ってるだけなんですけどね。

さて、支持率を見てみましょう(笑)

安倍内閣支持41%、不支持を逆転=辺野古移設賛成3割弱―時事世論調査
9/14(金) 15:11配信 時事通信

 時事通信が7~10日に実施した9月の世論調査で、
安倍内閣の支持率は前月比3.2ポイント増の41.7%、
不支持率は2.3ポイント減の36.6%となった。

 支持が4割台を回復するとともに不支持を上回るのは、2月の調査以来7カ月ぶり。

~中略~

 政党支持率は、
自民党が前月比0.2ポイント減の26.9%、
立憲民主党も0.2ポイント減の4.4%。
以下、公明党4.1%、共産党1.9%、日本維新の会0.9%、国民民主党0.4%など。
支持政党なしは0.3ポイント増えて59.2%だった。

 調査は全国18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.0%だった。

ですよ。
野党は軒並み支持率下落、自民党は支持率回復。
そして、安倍内閣の支持率も回復。
これがファクトです。

石破氏の得票を読み誤ったのか、負けるのが分かっていてわざと低く言ってたのかは
知りませんが、それを根拠に石破氏大健闘として、
安倍氏下げを叫んでいますが、世論調査と得票数を見れば
石破氏大惨敗、メディアと野党の票読み大外れというのが、総裁選の結果です。

安倍氏が議員、党員、国民から支持されているということは、
現状の数字が示すファクトですが、それを認められないのでしょうね。


ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]

PR

2018/09/20 21:12 | Comments(0) | その他
石破氏は何処に向かうのか?
自民党総裁選もあと二日。
テレビで安倍氏と石破氏の討論とかが目立ちます。

ただ、いくつか拝見しましたが、
政策のぶつかりがほとんどありません。
多くの時間を安倍政権批判で費やされる実りの無い内容。

こんな報道も…

<自民党総裁選>石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
9/18(火) 20:32配信 毎日新聞

 自民党石破派の斎藤健農相が、総裁選で安倍晋三首相(63)を応援する議員から
辞表を書くよう圧力をかけられたとされる問題が尾を引いている。
石破茂元幹事長(61)は18日、広島県尾道市の街頭で
「斎藤さんはうそをつく人ではない。『石破を応援するんだったら大臣をやめろ』。いつからそんな自民党になっちゃったのか」
と訴えた。

 当の斎藤氏はこれに先立つ記者会見で
「私が既に申し上げたことに尽きている。付け加えたり解釈したりすることはない」
と述べるにとどめた。
だが石破氏は続く同県福山市での演説でさらにボルテージを上げた。

 やり玉に挙げたのは首相の17日夜のテレビ朝日の番組での
「(斎藤氏に)名前を言ってもらいたい」との発言だった。
首相は激戦となった過去の総裁選に触れながら「こういう話はよくある」とも語った。
これに対し、石破氏は
「わが自民党の中で圧力とかパワハラとかが『よくあることだ』では済まされない」
と声を荒らげた。

 野党からも「恐怖政治。自由民主党から自由がなくなっている」(国民民主党の玉木雄一郎代表)などの声が上がり、優勢が伝えられている安倍陣営に焦りの色が見える。
安倍陣営の秘書は「党員から脅すなと言われ、大変だ」と困惑気味に語った。
18日に長野市で首相の演説を聞いた元自営業の男性(68)は
「安倍陣営も石破陣営もどっちもどっちだ」と突き放した。

 防戦に回った首相はこの演説で
「この機会に自ら省みて謙虚に丁寧に政権運営に当たりたい」と低姿勢ぶりを強調した。

だそうです。

毎日新聞の願望丸出しの記事ですね。
これで、安倍氏支持が石破支持に流れると考えて居るのでしょうか(笑)
石破氏ももう少し考えた方が良いと思うのですけどね。
左翼メディアに担がれて、自分の立ち位置を見失ってるのではないでしょうか?

安倍氏を応援する議員から言われたってことは、素直な助言や意見であり、
パワハラでも圧力でもないと思うんですよね。
現職総理の閣内に居ながら、総理にふさわしくないって言ってるのですから、
辞めるべきでしょ?
「あなたには着いていけませんが、仕事は頑張ります」
なんて奴、信用できますか?
これって、単に農林大臣の座が惜しいだけでしょ?

閣僚辞任して、石破氏を支持するのが筋だと思うのですけどね。
そもそも、圧力やパワハラには当たらないのではないでしょうか?
辞めなければ、何等かの不利益を与えるぞって脅されたのなら理解できますが、
辞表書いて筋通せって言われただけでしょ。

石破氏は、これを「圧力」「パワハラ」と言ってます。
筋を通せよって言ったら、「圧力」「パワハラ」になるのなら、何も言えなくなります。
迂闊な事を言ったら、「圧力」「パワハラ」って言って言論弾圧しているようなもの。

さらに、文科省のパワハラ問題を引き合いに「被害者名乗り出ろ」と同じだとかほざきました。
いやいや、加害者を教えてって安倍氏は言ってるだけ。
「こんな自民党では…」って言ってるくせに、加害者を教えなければ、正す事すらできません。
おそらく、誰かを言えば、その人が記者会見して、
当たり前の筋の通し方だという説明しちゃうでしょう。

そうしたら、せっかくの「圧力」「パワハラ」被害者から、馬鹿になるだけですかね。
言えるわけないのです。

さらに、こんな報道もありました。

石破氏、沖縄向け動画で“玉城氏援護”の波紋 
「米軍集中は『反基地闘争』回避のため」
9/18(火) 16:56配信 夕刊フジ

石破氏は、日本を取り巻く安全保障環境を踏まえ、
沖縄の米軍基地の重要性も説明すべきではないか

 自民党総裁選(20日投開票)で、石破茂元幹事長の陣営が沖縄県向けに制作した動画が、
波紋を広げている。在日米軍基地が集中する理由について、
日米両国が「反基地闘争」回避のために本土から移したという石破氏の発言を地元紙が報じ、
自民党や自衛隊OBらの反発を呼んでいるのだ。
事実上の与野党対決となっている沖縄県知事選(30日投開票)に、影響を与える可能性がある。

 物議を醸している動画は、地元紙・沖縄タイムスが13日、取り上げた。
ちょうど、知事選の告示日だった。

 石破陣営は、自民党総裁選の特設サイトで、47都道府県向けの動画を配信している。
そのなかの沖縄向けメッセージで、米軍基地が集中している理由をこう説明した。

 「1950年代、反米基地闘争が燃えさかることを恐れた日本と米国が、
当時米国の施政下にあった沖縄に、海兵隊の部隊を移したからだと聞いている。(略)
このことを決して忘れてはならない」

 石破氏の主張を受け、沖縄タイムスは
「元防衛相が政治的要因を認めた」
「閣僚経験者が本土の反対を懸念して、沖縄に米軍基地が集約された経緯について発言するのは初めてとみられる」
と特筆している。

 知事選の争点とされる「米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設」について、
革新系で自由党前衆院議員の玉城デニー氏(58)が反対を訴える一方、
保守系の前宜野湾市長、佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=は、
是非を明言せず、慎重な態度を貫いている。

 石破氏の主張は、革新勢力の「反基地感情」に火を付け、玉城陣営を利することになりかねない。
自民党関係者は「どういう意図で言っているのか」と憤りを隠さない。

 沖縄・南西諸島地域の領空を守る航空自衛隊南西航空混成団司令を務めた佐藤守・元空将は
「防衛相経験者として、とんちんかんな発言で、沖縄(の革新勢力など)に媚びているように感じる」
と述べ、続けた。

 「沖縄は、朝鮮半島や中国、台湾まで、戦闘機なら数時間で到達できる戦略的要衝だ。
米軍基地が集中しているのは、中国や北朝鮮などへの威嚇のメッセージにもなっている。
元防衛相なら、そうした地政学的意義を丁寧に説明し、沖縄県民の理解を得るよう努めるべきではないのか。
とても首相は任せられない」

だそうです。

もはや発言は野党と左翼メディアにリンクしちゃってますね。

応援してくれているのが野党と左翼メディアばかりなのもうなずけます。

ただ、一般の左寄りの人や反安倍界隈の人にはうけても、
自民党員ならどうでしょうか?
「こいつ、野党と同じ事言ってるじゃん」
としかならないと思うのですよね。

メディアも、もはや石破氏が当選するなんて、微塵も考えて居ないと思うのです。
だから、テレビでもまともに討論させない。
安倍氏批判に繋げられるようなネタばかり質問。
報道ステーションなんて、石破氏はほとんどしゃべりませんでした(笑)
メディアは石破氏をつかって、自民党下げにシフトしていると感じたのは私だけでは無いでしょう。

しかし、これだけ自民党支持者の反感を買うような発言ばかりが目立った総裁選。
そして、おそらく惨敗。
「このままの自民党で良いのか?」と言ってしまったのに、
党員と国会議員から、賛同が得られそうにない現状。

総裁選が終わったら、石破氏、どこに向かうのでしょうね?
もう、自民党総裁になれる可能性はゼロになったと思います。

ネットで多く言われているように、応援してくれる立憲にでも行って、
野党再編をやった方が、良いように思えます(笑)
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]


2018/09/18 23:30 | Comments(0) | その他
沖縄知事選で言論統制?左翼は危険です。
沖縄知事選が行われているのですが…
自民党総裁選に消されているのか、ほとんど報道されませんね。

そんな中、亡き翁長氏の意思を継ぐってデニー氏が今な事を言ってます。

報道から…

異例の超短期決戦となった30日投開票の知事選で、
各候補者はフェイスブックやツイッターなど
会員制交流サイト(SNS)を用いた情報発信に力を入れている。
佐喜真淳さん(54)、玉城デニーさん(58)は陣営内にネット発信に対応する
担当者を配置し、政策の浸透を図る。
佐喜真さんと玉城さんは共にツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ライン@を使用する。

佐喜真さんはユーチューブで専用のチャンネルも開設し、動画を配信する。
担当者は「短期決戦で、知事選があることを知らない人も多い」
と現状をみた上で
「若い人たちにも人間性や政策をネット上でも広めたい」
と意気込んだ。

玉城さんは、SNSチームを作り、動画作成を2班体制で担う。
担当者は「名護市長選の反省からデマに即対応するチームも編成し、ネット監視もする」と説明。
「誹謗(ひぼう)中傷に対し、法的な対応も含めて徹底対応する」とした。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-803271.html

だそうです。
デマは理解できます。でも、誹謗中傷に対して法的な手段って、
脅しじゃないですか?
俺たちに不都合な事を流すと訴えるぞって、言論弾圧でしょ。
デマであっても、何がどうデマなのかを記者会見でしっかり事実を訴えた上で、
訴えるべきだと思うのです。
これ、自民党が行ったら、言論弾圧だ~って大騒ぎするでしょ。

そんな中、こんなデマが出てきました。

VOTE for DEMOCRACY @supportV4D
沖縄県知事選の勢力図。
玉城デニー vs さきま淳 ではあるけど
翁長雄志 vs 安倍晋三
安室奈美恵 vs 今井絵理子
どっちと沖縄の未来を作りたい?
とうぜん安室ちゃんも支持する翁長さんの遺志を継ぐ、デニーさんと一緒に新時代沖縄を作りたい!
#さきま淳 #さきまあつし
#玉城デニー #新時代沖縄

だそうです。
これ、安室さんの事は全くのデマ。
今は削除されていますが、こんな事を平気で行うのがデニー氏の応援団。
これ、かなりネットで騒がれていますが、コメントなんて無し。

つまり、自分に都合が良いデマは放置のダブルスタンダード(笑)

デニー氏に関しては、公示前に文集報が炸裂しています。
さらには、公職選挙法違反や政治資金規正法違反も出ています。
沖縄知事選でデニー氏を調べたら、ボロボロ出てくるのが現状。

つまり、報道で取り上げれば、こうした不都合な事実が目につく機会が増えることになります。
だから、報道を抑えているのかなって感じています。

この処、オール沖縄は連敗続き。
翁長氏の死を最大限に利用しているようですが…
翁長氏当選の時のように楽勝とはならないのではないかと見ています。

まぁ、デニー氏が勝てば、どんな勝ち方しても、「民意が示された」と騒ぎ、
デニー氏が負けたら、「投票率が、得票数が…」と難癖付けて「民意では無い」と
騒ぐ。
ここまでが、規定路線かなって思っています。

デニー氏の応援団、左翼って怖いなってしみじみ感じる選挙です。
普段言ってる表現の自由を平気で弾圧する、嘘を平気で付く、結果の為には、
法も平気で破る。

今回の選挙でオール沖縄が惨敗することを願っています。
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/09/17 22:00 | Comments(0) | その他
ここが変だよ総裁選
自民党総裁選が行われています。
メディアは石破押しが露骨すぎ。
まるで国政選挙かのような騒ぎ様。

自民党総裁選だってのにね。

もの凄く変だなって思います。

そんな中、面白い記事もチラホラ

「辞表書けと言われた」=石破派・斎藤農水相―自民総裁選
9/14(金) 20:54配信 時事通信

 自民党石破派の斎藤健農林水産相は14日、総裁選候補の石破茂元幹事長も出席して
千葉市で開かれた石破陣営の会合で
「安倍(晋三首相)応援団の一人に
『石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ』
と言われた」と語った。

 斎藤氏は「石破派と分かって大臣にしたんだろう」と反論したという。

 斎藤氏はこの人物が誰かは明かさず、
「圧力とかそういうことで浮上しようという発想、空気がまん延している。これは打破したい」
と強調した。

だそうです。

いやいや圧力じゃないでしょ。
少なくとも、色々な政策を推し進める時に、「内閣一丸となって…」って当然ですよね。
そして、少しでも、内閣内で考えが違うと、「閣内不一致」って騒ぐじゃないですか。

安倍氏では無く、石破氏を推すってことは、今の安倍氏にNOと言うのと同じです。
これ自体はなんらとがめられる訳ではなく、各議員の考え方です。
しかし、内閣を務めながら、総理にNOを突き付けるのであれば、
辞表を出す方が筋が通ると言うもの。

これで、安倍氏が総裁になったとして、NOを突き付けた総理の元で、
仕事が出来るのか?って考えたら、辞表を出す方が自然だと思うのですよ。
だから、圧力ってより、助言だと思うのですが、圧力だって騒いで、
安倍氏のネガティブにしたかったのでしょうが、少し違うと思うのですよね。

石破氏の支持が伸びないのはこの辺りもあるのかもしれませんね。

なんとか石破応援団を増やしたいメディア。最後の望みはこの方らしい。

自民総裁選支持「明かさぬ」=小泉筆頭副幹事長
9/14(金) 16:19配信 時事通信

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は14日、総裁選で安倍晋三首相と石破茂元幹事長の
どちらを支持するかは投票前に明かさない考えを示した。

 小泉氏は
「語れば語るほど思いが伝わらない部分もある。そういう時は語ってはいけない」
と述べた。
「形式上は二者択一の選挙に見えるかもしれないが、それほど単純な問題ではない」
との見方も示した。党本部で記者団の質問に答えた。

 小泉氏は10日、安倍陣営「出陣式」の受け付けのアルミ缶に名刺を入れた。
これに関し、小泉氏は
「間違えて入れたことが各紙に報じられるということ自体に非常に驚いた」
と振り返り、
「何を大切にして1票を投じるかは自分の中で持って(外に向かって言わず)投じる」
と語った。投票後の対応についても明言を避けた。 

だそうです。

小泉氏、かなりしたたかだなと感じます。
負けの見えている石破支持を明言してもメリットなんてありません。
なら、安倍氏支持を表明すればと思いますが、
それはそれで、ある事無い事マスコミが想像で騒ぐのが見えています。
ダンマリを貫くのは賢い選択だと思いますが…
彼自身に、そんなに人を動かす力はないはず。
なので、そこに群がるメディアが異常に見えますね(笑)

安倍氏圧勝が見え隠れしている現状、メディアも野党も左翼も悪あがきしてますが…
野党はもはや異常と言えます。

前代未聞! 野党大物秘書が自民党総裁選に介入!? 地方議員らに「石破氏」投票呼びかけか
9/15(土) 16:56配信 夕刊フジ

玄葉光一郎氏
 自民党総裁選(20日投開票)で、カギとなる地方票(405票)の争奪をめぐり、
「旧民主党政権で閣僚まで務めた、無所属の玄葉光一郎元外相の秘書が、
石破茂元幹事長に投票するよう自民党地方議員らに呼びかけている」という、
にわかに信じがたい情報を夕刊フジは入手した。
なぜ、野党系大物の秘書が、自民党内の選挙に介入するのか。
永田町特有の「策謀」「工作」なのか。関係者を総力取材した。

 「前代未聞ですよ。野党関係者が、自民党総裁選に関与するなんて聞いたことがない。
どういう背景なのか知りたい」

 福島県須賀川市の渡辺康平市議(33、自民党)はこう語った。

 渡辺氏に、旧知である玄葉氏の秘書から電話がかかってきたのは、12日午前8時17分ごろ。秘書は
「総裁選において、石破茂をよろしくお願い申し上げます。
玄葉光一郎が石破茂にお世話になった関係から、お願いの電話をかけております」
と語ったという。

 常識外れの依頼だったが、渡辺氏は投票意思を固めていたので、「話だけ聞き流した」という。

 その後、渡辺氏が確認したところ、自民党須賀川支部に所属する複数の議員にも、
石破氏への投票を呼びかける電話があったという。
実は、野党関係者による、石破氏への投票の呼びかけは、
京都府や福岡県でも確認されているようだ。

 玄葉氏は1964年、福島県生まれ。上智大学卒業後、松下政経塾に入塾。
福島県会議員を経て、93年に衆院議員に初当選した(9期目)。
旧民主党では、外相や国家戦略担当相、政調会長などを歴任。
今年に入り、国民民主党への不参加を理由に民進党を離党するまで、
旧民主党・民進党の中心人物だった。

 そんな野党系大物の秘書が、なぜ仇敵である自民党総裁選に介入したのか。
「自民党分断工作」など、特別な狙いでもあるのか。
「玄葉氏が、石破氏にお世話になった」とは何なのか。

 夕刊フジでは13日午後0時35分、投票を呼びかける電話をしたとされる秘書を電話で直撃した。数コールで出た。

 記者が「夕刊フジ報道部の○○です」と名乗ると、秘書は「…お世話になっております」と返答した。
「いくつかお話を伺いたい」と切り出すと、
「承知致しました。まず、現在キャッチの状況なので、折り返しご連絡させていただきます」
「あと、この番号はどなたから聞きましたか?」と質問があった。
記者が答えると、「承知致しました。それでは折り返します」と、一度目の通話は終了した。

 その後、折り返しの電話が来ないので、玄葉事務所に対し、
(1)秘書が、自民党市議に石破氏支援を要請したのは事実か
(2)事実なら、どういった目的か。石破氏本人や石破陣営から依頼を受けたのか、玄葉事務所で自主的に行ったのか
(3)他党の総裁選に関与することは、選挙の公正を害する行為ではないか-などの質問状を送った。

 石破事務所にも、(1)玄葉氏の秘書が、自民党市議らに石破氏への支援を要請した件は知っているか(2)石破氏側から玄葉氏側に依頼したのか-などの質問状を出した。

 同日午後3時23分ごろ、玄葉氏の秘書から折り返しの電話があった。

 記者が「では、話を伺いたい」というと、
秘書は「東京の事務所に質問状を送られたんですよね」
「私はコメントできる立場ではございません。回答は事務所からさせていただきます」
と返答した。

 記者が「ということは、これは個人の話(=投票依頼)ではなく、
玄葉事務所としての話なのか?」と尋ねると、
秘書は「それも含めて、コメントできる立場にはありません」と語った。

 回答をずっと待ったが、14日朝までに玄葉事務所からも、石破事務所からも返答はなかった。

 ただ、同じ問題を取材した産経新聞に対し、玄葉事務所は「コメントすることはない」と回答。石破氏の選対本部は「全く知らない」と返答している。

 政治評論家の小林吉弥氏は
「野党系の議員が自民党総裁選に口を出すというのは聞いたことがない。
『自民党分断工作』という見方もあるが、分からない。
自民党議員も次の人事などを見据えて総裁選での立ち振る舞いを考えているので、
野党系議員に何か言われても、影響されることはないだろう。
玄葉氏が今やるべきは、野党結集に向けた立て直しで、総裁選を気にしている場合ではない」
と語っている。

だそうです。

もはやあり得ないレベル。
こんな事してバレないとでも考えて居たのでしょうか?
石破氏支持の地方議員にならば、こういうアクションしても大丈夫だったでしょう。
ただ、こういうアクションなくとも石破支持だから石破さんに投票するでしょうけどね(笑)
では、安倍氏支持の地方議員にこういうアクションしたらどうなるか?
ただの不振な電話でしかありません。しかも野党関係者。
表ざたになるのは目に見えています。
では、支持を決めかねている人にこういうアクションをしたらどうなるか?
野党から支持を求められる人を総裁にしたいと思いますか?
全く信用できなくなると思うのですよ。
これ、石破氏にとって、害しかないと思うのです。

まぁ、今の石破氏の言動は、野党と一致する面が多すぎるので、離党するのかとも言われる状態。
野党も左翼も、石破応援を表に出さない方が良いと思うのですけどね~

どうしても、安倍総理を阻止したい野党やメディアは藁にもすがる気持ちなのかもしれませんね。

ちなみに、万が一、石破氏が自民党総裁になったとしても、
石破総理が即発足するわけではありません。
内閣総辞職か、解散総選挙が無い限り、安倍政権は続くのですが、
そのあたりは、誰も触れないのも不思議。

まるで総理を決める総裁選みたいな報道していますが、総理は変わりませんよ(笑)

最近の総裁選の報道や野党の言動、左翼コメンテーターの言動をみていると、
「もしかして、こいつら安倍応援団で、石破潰しが目的なのか?」
とすら感じてしまいます。

安倍憎しの報道姿勢が、自民党総裁選をおかしな状態にしていると言っても過言ではないでしょうね(笑)



ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]


2018/09/15 23:13 | Comments(0) | その他
嘘が当たり前の韓国
嘘も100回言えば事実になると言われる韓国。

事あるごとに、日本にいちゃもんつける国。

そして、誇れるものが少ないせいか、
何でも起源は韓国という幻想論を振りかざす国。

そして、都合の悪い事は、歪曲だ捏造だと言って認めない国。

そんな韓国の戯言が、はっきり否定された報道が有りました。

報道から…

済州か日本か…ソメイヨシノ起源めぐる110年論争に終止符
9/13(木) 16:23配信 中央日報

済州市奉蓋洞の自生「王桜」。
天然記念物159号に指定されている。

日本のソメイヨシノの起源は済州(チェジュ)にあるという主張が提起されてきたが、
ゲノム分析を通じて日本のソメイヨシノと
済州の「ワンボンナム(王桜)」は異なる種であることが確認された。
これを受け、110年間続いてきた論争はやや呆気なく終止符を打つことになった。

山林庁国立樹木園は明知大・嘉泉大学チームと共同で
済州に自生する王桜のゲノムを完全に解読し、
その研究結果を含む論文を世界的ジャーナル
『ゲノムバイオロジー』9月号に掲載したと13日、
明らかにした。

済州の王桜のゲノムは
全8本の染色体上にある2300万個のDNA塩基対で形成されていて、
全4万1294個の遺伝子を持つことが分かった。

特に今回のゲノム分析の結果、
済州の王桜は済州に自生するシダレザクラを母系、ヤマザクラを父系として誕生した第1世代(F1)自然雑種と確認された。

また、日本東京と米国ワシントンなどで育つ日本のソメイヨシノのゲノムと比較分析した結果、
済州の王桜と日本のソメイヨシノは明確に異なる別の植物であることが分かった。
日本のソメイヨシノはシダレダクラを母系、オオシマザクラを父系とし、
数百年前に人為的な交配を通じて作られた雑種という。
済州の王桜と日本のソメイヨシノはともに雑種だが、別の種だ。

研究チームは済州で自然雑種の王桜が誕生したのは、
他家受粉を通じてのみ繁殖する桜の種が
済州という島の孤立した環境でそれぞれ異なる種の間でも
受粉を許容したことで繁殖が可能になったと推定した。

今回の研究をした明知大のムン・ジョンファン教授は
「済州の王桜は雑種になって母系と父系にはない優秀な形質が表れる
『雑種強勢』を見せる事例」とし
「挿し木や接ぎ木で繁殖すれば形質が維持されるが、
種子で繁殖すれば遺伝形質が分離して優秀な形質をなくすこともある」
と説明した。

ムン教授は
「今回の自生の王桜のゲノム解読を通じて
ソメイヨシノをめぐる原産地と起源に関する論争を終わらせる解答を得たということ」とし
「今回の研究結果は国内の自生王桜のうち優秀な木を選抜して保存するのにも寄与するだろう」
と述べた。

国立樹木園のチャン・ゲソン氏は
「野生樹木のゲノムを完全に解読したのは世界的でも初めて。
国内植物ゲノム解読と情報分析能力が世界最高水準であることを見せている」
と評価した。

王桜の起源をめぐる論争は1908年に遡る。
韓国で布教活動をしていたフランス人エミル・タケ神父が済州で自生の王桜を発見したのだ。
続いて1932年に京都大学の小泉源一博士も済州でソメイヨシノの自生地を発見したという記録を残した。
このため済州の自生の王桜が日本に渡ったという主張があった。

一方、日本の学者は日本国内にもソメイヨシノの自生地が過去にあったが消えただけだと反論した。
しかし古い記録だけが残り、
実際の王桜の自生地は確認されていなかったが、
1962年についに済州で王桜の自生地が発見された。

その後、日本のソメイヨシノの起源は済州の王桜という主張が強まったが、
今回の研究結果で論争自体が無意味になった。

北東アジア生物多様性研究所のヒョン・ジンオ所長は
「韓国国内に庭園樹や街路樹として普及した王桜の大半は済州の王桜でなく日本のソメイヨシノである可能性がある」
とし
「日本のソメイヨシノを済州の王桜に変えていかなければいけない」
と指摘した。

チャン氏は
「DNAバーコードで遺伝子を確認すれば日本のソメイヨシノか済州の王桜かの確認が可能」
とし
「済州の王桜の繁殖も難しくはない」
と話した。

だそうです。

はいはい、良かったね~
遺伝的に別物って言うのは、随分前から判っていたお話。

それでも、韓国人は、
ソメイヨシノが韓国から日本が盗んだ物として、
被害者根性の精神勝利を獲ようとしてきたのです。

そもそも、ソメイヨシノは自生することは無く、作られた品種。
挿し木でのみ、数が増やせる品種であることは、
科学的にも、歴史的にも、明らかだったのにです。

アメリカワシントンのソメイヨシノは、韓国の桜だとまで騒いでました。

今回のこの記事、韓国の教授の発表ですが…
果たしてどれだけの韓国人が、事実と受け止めるのでしょう?

問題が解決しても、結論が気に入らないと受け入れない民族気質。
来年の桜シーズンが楽しみになります。

そしで、今なお捏造歪曲を世界に垂れ流している問題がこちら。

「済州国際観艦式に旭日旗を掲げるな」…日本海上自衛隊にメール要請
9/13(木) 10:40配信 中央日報

韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は、
10月10日から14日に済州(チェジュ)で開かれる「2018大韓民国海軍国際観艦式」に
「旭日旗は掲げるな」と要請する内容の電子メールを日本海上自衛隊側に送ったと13日、
明らかにした。

徐教授はこの電子メールの中で
「行事に招待されて参加するのは良いが、日本帝国主義を象徴する戦犯旗を軍艦に掲げることは有り得ない」
としながら
「歴史をまともに直視するのなら、自ら掲揚しないことが基本的な礼儀」
と強調した。

続いて、ドイツが戦争後「ナチ旗」の使用を禁じたことを例に挙げて
「日本は敗戦後しばらく使用していなかったが、戦犯旗を再度復活させたことは帝国主義思想を捨てられなかったという証拠」
とし
「ぜひドイツを見習ってほしい」
とした。

徐教授は、村川豊・海上幕僚長にも同じ内容の手紙に戦犯旗に関する歴史的事実をまとめた動画CDを添えて国際郵便で送付した。

だそうです。

はい、病気ですね。
どうしても旭日旗を戦犯旗って事にして、日本にいちゃもんつけたいようですが…
日本と戦ったアメリカが何も言っていない事実をどう考えて居るのでしょう?
当時日本だった韓国が、いくらほざいたところで、ナチス旗と同一にするこは難しいです。

そもそも、第二次世界大戦の時に使っていたってなら理由なら、日の丸だって許されないことになります。
ナチス旗とドイツ国旗は別物であることを、無視した論調には反吐が出ます。

ちなみに彼らの論調なら、ベトナム戦争を考えたとき、
星条旗も韓国旗も戦犯旗ってことになります。

つまり、元から論理破綻している言いがかりなわけです。

それだけでは有りません。
この話題が出たのはワールドカップで韓国選手が政治的なプラカードを掲げて走った事に、
端を発しています。それをとがめられた選手が、応援席に旭日旗があったから…
って言い訳をしたのが始まりです。
それまで、一切旭日旗に文句も言わなかったのですからね(笑)
つまり、無理やりこじつけであることは、「歴史的」にも明らかだったりします。

にも拘わらず、旭日旗にとどまらず、似たようなデザインにはことごとく粘着してい、
攻撃しているのが韓国。
こういう攻撃に大勢が加担するのが韓国の国民性だったりすのです。

つまり、事実はどうでも良く、愛国無罪、反日正義な国民性だと言う事です。

しかし、この旭日旗に関する病的な反応を示す韓国人ですが、
何故か朝日新聞には口を閉ざします。
朝日が主催するスポーツ関連のイベントなんて、ほぼ旭日旗な朝日旗が大量です。
でも、一切文句言いません。
航空会社の弁当の蓋に太陽が書かれていても噛みつくのにです。
つまり、旭日旗を「戦犯旗」と騒いで音頭を取っている人達にとって、
朝日新聞はお友達なのでしょうね(笑)

歴史を忘れるなとか、歴史を歪曲するなとか言ってる韓国ですが、
一番、歴史を無視して、歪曲捏造を繰り返しているのが韓国です。

嘘で塗り固められた韓国の歴史、起源説…

もう、うんざり。
日本人の多くが、こうした事実を知り始めている事に彼らが気が付くのはいつでしょう?
きっと永久に来ないでしょう。
歴史を捏造しなければならない理由は、全て日本が併合した責任だと言えば許されると
信じているのでしょう。
証拠より、感情。法律より感情の国それが韓国です。





ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]


2018/09/15 00:13 | Comments(0) | その他

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]