ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
生活保護っておかしくない?
生活保護費の不正受給が時々ニュースになっています。

今の日本の生活保護っておかしいと思いませんか?

生活保護費って、最低限の「文化的」生活が出来るが基本らしいです。

この「文化的」ってのがくせ者ですよね。

生きる為に必要な最低限を補助するって考え方なら、わからなくも無いですが、
今の生活保護費って違う気がします。

違和感もいっぱい。

だって、何十年も積み立てた年金より沢山もらえるんですよ。

だって、ずっとかけてきた失業保険より長くもらえるんですよ。

だって、家持ってたら、貰えないんですよ。

外国人でももらえるんですよ。
(本国に家や財産があるかもしれないのに…)

しかも、医療費は無料。

当然、健康保険料も無料。

つまりつまり、家も持たず、貯金もせずに、遊びまくっても、失業したらもらえちゃう。
しかも無期限!

しっかり働いて、ローン払って、家持って、頑張って貯金してて、
失業したら、貯金と取り崩して、家を売ってって、医療費も払って…
っておかしいでしょ。

生活保護って制度自体は、必要だと思います。

病によりやむを得ず働けなくなった人とか、高齢で働けない人とか…

でもね…

元気で生活保護もらってる人とお会いした事が、何度もありますが…

必死に働いているワーキングプアな人と比べて、裕福に見えるんですよね…

酷い人なんて、

旦那さんと離婚した事にして、奥さんと子供達で生活保護貰って、
旦那さんは普通に仕事しているって人が居ました。

でも、書類上の離婚であって、一緒に住んでる…
こんな事が、まかり通ってたりするんです。

つまり、生活保護支給に至るプロセスがいい加減だってことなのでしょう。

逆に、

ほんとに困ってる人は、抵抗があったり、
何らかの理由で支給を受けられなかったりして、餓死したりって事件も発生してます。

日本の日本人の為の制度なのに、外国人に支給するってのも謎。

そりゃ、いくらでも社会保障費が増えていくはずです。
人道的見地から、外国人を保護するのは短期的には理解できなくも無いです。
でも、国家の財政を圧迫して、
国民の社会保障を削ってまでするべきでは無いと思うのです。

じゃあ、どうすべきか?

解決するのは、簡単じゃ無いと思いますよが、個人的に想う解決策はこんな感じ。

生活保護支給にクラスを作ること!

これに尽きると思いますよ。

例えば…

外国人の場合…
4ヶ月支給して、改善しなければ強制帰国。
だって、人道的見地から助けたけど、改善しないなら帰ってもらうしか無いでしょ。
基本的には、国籍国で保護してもらうべきなのですから…。

働ける日本人…
自治体が発注している仕事をさせる。
例えば、市役所のトイレ掃除とか公園の掃除とか、
子供の多い所の横断歩道で旗持つとか、
ボランティア作業とか、耕作放棄地で農業とか…

とりあえず、
いわゆるフルタイムの就業と同じ時間、拘束して働かせるのが良いと思うのです。

拒否権は基本的に無し。
国民健康保健、年金等は天引き。
医療費も普通に負担してもらうのです。

だって、生きる為にお金貰うのは、働くのが当たり前だからです。
拒否するってことは、どこかに余裕があるってことです。

それに仕事せずに生活保護もらってたら、時間の束縛無いので人間ダメになります。
普通に仕事をしてもらい、でもその辺のバイトより低い最低賃金で
生活保護費を支払うのです。

自治体もどうせお金出すなら、何かを生み出した方が良いですしね。
どうせ、外部に委託してる作業なら、多少雑でもかなり割安になるので、
支払う生活保護費は簡単に捻出出来るでしょう。

もらう側も、きついのに給与が低かったら、普通に仕事しよって思うでしょ。

(てか、そう思わせないとダメだと想うんですよ)

逆に、生活保護の申請に抵抗がある人は、働きたいけど働けない人だから、
仕事した対価を貰うって思うと申請しやすくなる効果も期待出来ると思うのです。

健康上の理由で働けない日本人…
支給は今ので良いと思う。
でも、医療費とかの無料は頂けません。
お金がかかる難病なら、それで助成すべきであり、すべての病が無料って変でしょ。

親の介護で…って日本人…
基本的にヘルパーを使ってもらい、本人には働いてもらう。
ヘルパーの費用が足りないなら、その分補助ってのが妥当かな。
多くの人が、ヘルパーさん使って頑張ってるんだからね。

働いてるけど、収入が安定せず保護を受けてる人…これが1番難しいf^_^;
こういう人は良くチェックするってしか無いでしょね。

で、もう一つ、不正受給が発覚した場合、返せば終わりじゃ無くて、
不正受給と相当期間、無条件に刑務所に服役くらいしないとダメでしょうね。

何よりも、

「生活保護をもらえるのが当たり前、もらわないと損」

みたいな意識にならないように、コントロールするべきだと思います。

まっとうに生きようとしてる人から、
社会保障費の為にって税金とられて行くのだから、もう少し考えてもらいたいですよね。

生活保護について議論になると、すぐに

「弱者切り捨て」だとか「差別」

とかってキーワードが出てきます。

でも、エセ弱者が弱者に成り済ましたり、差別と区別を解ってなかったりと、
現行システムの課題を出すことをしないで、救済ばかりを歌う人が多く感じます。

ホントに必要な人への、ホントに必要な生活保護って何?って、
議論が無いことが1番の問題かなぁ。

今の「有り」か「無し」かみたいな生活保護って、ホント理解不能です。
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]

PR

2015/07/28 12:00 | Comments(0) | 理解不能

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アシアナ航空の事故を考える | HOME | 年金や介護保険がどうしたって?>>
忍者ブログ[PR]