ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
防衛省は再発防止をしっかりして欲しい
南スーダンの日報問題が蒸し返されていますね。

まずは報道から…

稲田氏への不満背景か=「陸自がリーク」の見方も―日報問題
7/20(木) 23:04配信 時事通信

南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題で、
稲田朋美防衛相が隠蔽(いんぺい)に関与していた疑いが浮上した。

特別防衛監察の結果公表を目前に控えての急展開で、
陸上自衛隊など制服組と呼ばれる自衛官の間にくすぶる稲田氏への
不満が背景にあるとの見方が出ている。

防衛省は月内に監察結果を公表し、
8月1日付で制服組を含む幹部人事を発令する方向で調整している。
陸自で見つかった日報データの存在を隠していた責任を認め、
陸自幹部ら関係者を処分する見通しだが、稲田氏自身は監察の対象外だ。

稲田氏は3月中旬の国会答弁で
「私は破棄を指示することは断じてない」
と関与を否定し、
「事実なら厳正に対処する」
と表明した。
監察が進むにつれ、陸自内には
「全ての非が陸自に押し付けられるのではないか」
との疑念が広がっていた。

こうした中、日報の存在を非公表とする決定を稲田氏自身も了承していたと、
一部報道機関が18日に報じた。
稲田氏は直ちに否定したが、稲田氏の関与を示す報道が続いた。

背広組と呼ばれる内局のある幹部は
「陸自からのリークではないか」
と制服組への不信感をあらわにした。
与党幹部は
「こういう話が続くのはシビリアンコントロール(文民統制)の観点からすれば問題だ」
と懸念を示した。

だそうです。

まずですが…
ここで取り上げられてる文書、2月6日にすでに公表されているものが、
陸自の個人保有で見つかったというものです。
つまり、すでに出ている日報ですから、隠蔽ってのは違っています。

まるで、文書を破棄したと言って隠蔽するために、公表しないとしたような報道ですが…
そうではありません。

すでに表されている文書が他にも見つかった事を、わざわざ公表するかって話ですから、
その時点では必要無しと判断した可能性もあります。
いずれにしろ、今メディアや野党が騒いでいるのとは、かなり異なる気がしてなりません。

それよりも、こうした情報が防衛省から出てくる事の方が、よっぽど問題だと思うのです。
機密扱いでは無かったにしても、内部の情報をメディアに流出させている人が、
日本の防衛に携わっていると言う事になるのです。

これって、一歩間違えば、敵国に情報を渡す奴がいるかもしれないって事であり、
大変恐ろしいことだと考えます。

内部告発みたいな正義ってのと少し違います。
これって、内部情報を流出させて、政府にダメージを与えるクーデターに等しく、
メディアもそれを批難していない事が異常だと感じます。

メディアも、稲田氏が知っていたかどうかより、
こうした情報が防衛相から流出してきた事に大臣の資質を問うべきなのです。
内部統制が取れていない、内部の情報を流出させることを防げない。
こんな事で日本が本当に守れるのでしょうか?

稲田氏が防衛大臣に向いているか否かと言えば、向いてないでしょう。
しかし、だからと言って、何をしても良いわけではありません。
気に入らない大臣だったら、情報を漏洩させるなんて言ったら国防は無理です。
災害対策やPKOなどで、自衛隊が確約している事は国民の皆が知っています。

しかし、今回の件で、自衛隊の信用に疑問を感じた人も居ると思うのです。

私自身、自衛隊では無く、自衛軍にするべきだと考えて居ました。
しかし、今回の件で、軍になると少し怖いかなって感じたのは確かです。

通常の法律では無く、軍法が無い事が問題なのかもしれませんが…
稲田氏は、次の内閣改造で消えるのは確実でしょう。
しかし、防衛相内部から情報が流出した事に対する再発防止はされません。

ここをしっかりしてもらえないと、不安でならないのは、私だけでしょうか?
































ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/07/23 12:00 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<オスプレイだけ問題視する異常 | HOME | 蓮舫議員の疑惑は深まったようです>>
忍者ブログ[PR]