ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
野党は衆議院解散が困るらしい
安部総理が衆議院解散をしそうな噂が、
野党を賑わしていますね。

7月8月の、内閣支持率が下がっていた時には、
「安部総理は退陣しろ」
「解散して国民の信を問え」
と言ってたのに、願いがかなった瞬間から解散バッシング。

あの時は、追い風だったと勘違いしていた野党ですが、
内閣改造で支持率は、再び上昇中。

50%を超えてる調査結果もあるようです。

結局、支持率低下の原因は、森友・加計なんて関係なく、稲田氏だったのかなと考えてます。
稲田氏を辞めさせなかった安倍総理のミスだったと言えます。

対する民新党、幹事長すら決められず、代表交代。
前原新代表に決まった途端、山尾氏のダブル不倫発覚。

しかも、山尾氏は記者会見で否定したものの、
質問を受け付けない態度。

否定しているのに、離党する不自然さ。

自民党議員に対する批難との対局と言うダブルスタンダードを露呈しました。

さらに、メディアまで山尾氏を擁護するような発言を連発。
自民党議員に求める説明責任を民進党に求めない姿勢に違和感を感じている国民は
沢山いるのではないでしょうか?

その後に出てきた前原氏の北朝鮮ハニートラップ疑惑。
こちらなんて、テレビでは全く取り上げません。

ネットの時代ですから、情報は広まっています。
これを取り上げない事がメディアの信用を低下させていくと思います。

結果として、民新党とメディアの癒着疑惑によるさらなる信用低下。
そして、民新党のさらなる支持率低下を招いていると言えるのではないでしょうか?

民進党は山尾氏の対応をミスしたと考えて居ます。
離党させるのであれば、除名し議員辞職勧告をするべきでした。
そうでないなら、離党させずしっかり説明させ、出版社を相手に戦うべきだったのです。

中途半端な火消しが、民進党へのさらなる不振を招いたと言えます。
その不信感からなのか、離党ドミノも止まりません。

解散について、北朝鮮を引き合いに出すのも逆効果でしょう。

北朝鮮がミサイルを発射した日に加計が…って会議を開き、
臨時国会では、加計を追求するって宣言していた民新党です。

はっきり言って、今臨時国会開いても時間の無駄と思うのですが…(笑)

民進党の幹部連中はこぞって解散を批難しています。
メディアも寄ってたかって、疑問を投げかけています。
しかし、大儀が無い大儀が無いばかり。

民進党だけでなく、社民党や共産党も、

「解散に追い込む!」

と意気込んでたのに、いざ解散が見えると、手のひら返して批難。
よほど、今解散されるのが困るのでしょうね。
都議選の時の上から目線はどこに行ったのでしょう(笑)

結局、野党やメディアの一貫性の無さを露呈した形になりました。

安倍総理も馬鹿じゃありません。
今、解散の大義が国民に理解されるかが、焦点だと思います。

さてさてどうなることやら(笑)

民新党が一人負け、共産党が漁夫の利な事だけが確定してますけどね。





ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/09/19 19:43 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<口だけ野党露呈解散 | HOME | 左翼はカルト宗教ですね>>
忍者ブログ[PR]