ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
見事なブーメラン
民進党の山尾議員が、
不倫報道で離党しましたね。

まずは、報道から…

山尾氏「男女の関係はない」釈明 離党届提出
9/7(木) 20:52配信 産経新聞

民進党の山尾志桜里元政調会長(43)は7日、
週刊文春に既婚の男性弁護士との不倫疑惑が報じられた責任を取り、
大島敦幹事長に離党届を提出した。

山尾氏はその後の記者会見で
「(男性弁護士と)男女の関係はない。
しかし、誤解を生じさせるような行動で様々な方々にご迷惑をおかけしたことを深く反省し、
おわび申し上げる」
と述べた。

だそうです。

もはや笑い話ですね。

先日、自民党の今井議員の不倫報道では、
散々責めていた民進党やメディアが、
ひたすら擁護です。

ダブルベッドのある部屋に、
ワインを持ち込んで一晩過ごしたのに、
男女の関係は無いなんて、誰が信じるのでしょう。

因みに、今井議員は、離婚して、子供がいるとは言え、現在独身。
相手は離婚寸前と嘘をついていたのですから、
今井議員から見たら騙されていたとも言えます。

しかし、今回の山尾議員の場合、男女とも離婚しているわけでは有りません。
さらに、男性の奥様は軽い脳梗塞をおこされ、
実家に子供を連れて療養中だそうです。

その隙をついて、上がり込んでるのですから、悪質だと思うのですが…
なぜか、メディアは非難しませんね。

山尾議員は、離党して幕引きを図るつもりなんでしょうが…
疑惑は深まっただけと言えます。

「はげー」の豊田議員が離党した時には、
「離党して済む問題では無い」
とか言ってましたよね?

山尾氏が離党したからと言って、説明責任が無くなるわけではありません。

この記者会見でも、一方的に喋って質問を受け付けないという異常さ。
さらに、それを批難するメディアも民進党議員も居ない異常さ。

もし、これが自民党議員だったら、どれだけ大騒ぎか想像出来てしまいます。

国会での民進党の追及では、疑惑を持たれた方が
潔白を証明しなければならず、説明責任もあるとの事でしたから、
山尾議員には、是非ともお手本を見せてもらいたいものです。

さらには、今年初めにあった育休を取ろうとしていた自民党議員の不倫の際、
散々責めてました。
議員辞職が妥当だとかも山尾氏は言ってました。

山尾議員と言えば「保育園落ちた日本死ね」で待機児童問題で脚光を浴びたお方。
しかし、こうなってしまえば、週4日密会するためには保育園必要だよねって
思われてしまいます。
彼女がしてきた待機児童対策は、不倫をするためだったと言われかねません。

当然ですが、議員辞職に値するでしょう。

少なくとも、彼女の過去の発言に照らし合わせれば、辞職しなくては整合がとれません。

彼女の政治生命はほぼ終わったと言えます。
おそらく、文集は更なる追い打ちをかけることでしょう。

メディアは、離党したからスルーを決め込むつもりだと思います。

しかし、自民党議員の今井氏との落差に違和感を感じる人が増えると思います。
また、説明責任が…とか自民党対応を批難してきたメディアにとって、
彼女の記者会見を批難しないのも不自然だと言えます。

結果として、今回の不倫報道で、一番信用を落とすのはメディアなのかもしれません。

それにしても、ブーメランの得意な民進党ならではと言えますね。










ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/09/08 20:52 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<民進党に大切な物 | HOME | 北朝鮮より政府批判優先の日本>>
忍者ブログ[PR]