ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
自衛隊は便利屋さんでは無い!
災害が発生すれば、脚光を浴びる自衛隊。

ですが、それ以外に日夜訓練を行い、領空領海侵犯に対応していることは、
見向きもされません。

諸外国の軍とは、少し違う立ち位置ですが、
自衛隊員の方は、もっとリスペクトされるべきだと考えています。

櫻井よしこ氏が、こんな事を言ったそうです。

「小野寺防衛相に聞いた話。自衛隊員募集に地方自治体の6割強が協力しない。
しないでおいて、いざという時には自衛隊に助けてちょうだいって言うのはフェアじゃない」

だそうです。

これ、隊員募集って一言でくくっていますが、
直接募集だけでは無いと思うのです。

例えば…
沖縄離島の自衛隊配備、自治体としては、受け入れの意向です。

が、共産党市議が大反発。
あろうことか、自衛隊が来たら、治安が悪くなるレイプが増えると大騒ぎ。

沖縄本島の議員も大騒ぎ、沖縄2紙も大発狂。

これって、広い意味での自衛隊員募集妨害。
共産党は自衛隊を人殺し訓練をしていると批難したりもしています。

日教組も同様。
自衛隊員の子供を露骨に差別。人殺しの子と罵ったりしていたことは有名ですね。

自衛隊を違憲だとしている共産党や社民党がトップになると、
自衛隊派遣も消極的。
阪神淡路大震災の時に当時の社民党も村山総理が自衛隊派遣を渋ったのは有名。

日本の平和と日本人の命の為に全力で頑張っている自衛隊員の方々に対する扱いが、
日本はあまりにもひどいと感じてなりません。

アメリカでは、海兵隊とか尊敬の対象です。
でも、日本で自衛隊を尊敬していると言えば、「右翼か」みたいな論調が
大声になります。

日本では自衛隊をリスペクトすることが悪のような空気があるのも事実。

しかし、ひとたび災害が起これば、自衛隊が活躍してくれなければ、成り立たないのも事実。

自衛隊の災害派遣は地方自治体から要請が無ければ出動できないのに、
もっと早く自衛隊を派遣しろみたいな事を平気でいう政治家もいます。
普段は自衛隊に否定的な議員ほどこういう物言い。

日頃、自衛隊機が飛ぶだけで大騒ぎしていても、自分達になにかあれば、
すぐに助けに来るのが当然みたいな論調にムカつきすら覚えます。
日頃の訓練は許さないが、災害時は全力で助けに来いってのは虫が良すぎませんか?

自衛隊員募集のポスターを張ったら、共産党議員が即文句を言うってのは有名なお話。
そんな共産党議員を当選させる有権者が居ることも事実。
そんな人達の為にも自衛隊員は命を懸けて救出し助けます。

そろそろ、一般の人が、こうした自衛隊否定派の憲法9条信者に対してNOを
突き付ける時代になったのではないでしょうか?
憲法9条守れって言ってる人達ほど、過激で暴力的であることから、
皆口を閉じてしまっています。

ネットの時代。
こうした、ノイジーマイノリティーにすきにさせないようにしたいですね。














ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[2回]

PR

2018/08/09 22:51 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<何でも問題にしたがる人々 | HOME | より良い教育者が評価されるとダメなのか?>>
忍者ブログ[PR]