ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
自分に甘過ぎ朝日放送
テレビ朝日がやらかしました。

まずは報道から…

テレ朝、容疑者として警察官の映像流す 報ステで謝罪 6/8(金) 23:16配信

 テレビ朝日は8日夜のニュース番組「報道ステーション」で、
昨年相模原市で起きた殺人事件について7日に報じた際、
警察署に入る容疑者として映した男性が、実際には警察官だったとして謝罪した。
アナウンサーが、警察官は容疑者と同じ車に乗っていたと説明。
「ご迷惑おかけしたこと大変申し訳なく思っています」と述べた。

 報ステが伝えたのは、
昨年12月に相模原市南区の路上で近くの会社員男性(当時60)が刺殺された事件。
神奈川県警が7日に容疑者を殺人容疑で逮捕し、発表していた。

朝日新聞社

だそうです。

これって、謝罪訂正で済むような話なのでしょうか?

事実に基づいて情報を国民に伝える報道が、
こんな単純な事を「事実確認」せずに伝えたと言う事です。

しかも、報道までには、いくつものチェックがあるはずなのに、
その全てを見逃していた事になります。

また、犯人と間違えたってことは、警察の制服を着ていない刑事を報道したってことです。
つまり、一人の刑事さんの顔を全国にさらしたことになります。
これは、今後の捜査にも影響が出るかもしれない大問題。

本来であれば、取り違えた経緯や原因の分析を公表すると共に、
再発防止策を発表。その上で、担当者と上司の処分が下されるべきです。

普段ある名前を間違えたとか、所属を間違えたとかとはレベルが違います。

最近では、セクハラ問題で、報道ステーションのコメンテーターが、
朝日放送に関して「ギリギリセーフ」とか発言して、自社への甘さを露呈した処です。
さらに、過労死やセクハラ問題も週刊誌報道されているのに、
全く報道しない姿勢に違和感。

人がすれば不倫、自分がすればロマンスな報道番組は辞めるべきでしょう。

そういえば朝日放送と言えば、あの松本サリン事件で、
当時の同枠番組ニュースステーションで何の関係も無い方を犯人扱いにして
報道したこともありました。

現在も政権批判をストーリー有りきの報道ばかりを繰り返しています。
確かに政権に疑惑はあります。
しかし、加計なんて、昔からの事を取り上げるべきなのに、取り上げない偏り方。
しかも、玉木議員党の収賄疑惑には踏み込むことすらしない徹底ぶり。

結局の処、自社の都合で報道するかしないか、報道するばあいはどういう結論に誘導するかを
計算して報道する娯楽番組に成り下がっています。

だから、今回みたいな国民を扇動する内容で無い場合には、
チェックが甘々。
間違っても訂正すればよい程度の対応を垂れ流していると思えてなりません。

まぁ、今回、系列の朝日新聞が記事を書いた事で、
報道ステーション的には「ギリギリセーフ」なのかもしれませんが(笑)
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2018/06/09 23:29 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<これがマスコミの悪 | HOME | メディアは選挙違反黙認か?>>
忍者ブログ[PR]