ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
これがマスコミの悪
マスコミ報道を見ていると、アナウンサーがしゃべっている綺麗事とは裏腹に、
取材の仕方は、視聴率しか意識ない非人道的な事が多いなと感じていました。

そんな一面がネットニュースで報道されました。

献花台そばに座り込み、PC広げ... 「空気読めぬ」一部マスコミに顰蹙
6/9(土) 17:23配信 J-castニュース

 とあるツイッターユーザーの「告発」がきっかけで、報道媒体への批判が相次ぐ騒ぎになっている。

■献花台の正面に脚立を放置?

 東京・秋葉原の歩行者天国で2008年に発生した無差別殺傷事件は、
18年6月8日で丸10年が過ぎた。当日には現場となった交差点に献花台が設けられ、
関係者らが手を合わせた。

 その様子を伝えるべく多数の取材陣も詰めかけたが、
祭壇を訪れたというツイッターユーザーの「湯島のともさん」が8日、
あきれ気味にこんな報告をした。

「秋葉の献花台なう。まん前で取材ならともかく送信とか記事書きを座りこんで献花しに来た人の邪魔なってるマスコミはばかなのか?」

 添えられた写真には報道関係者とみられる人物が複数写っている。
記事を執筆しているのか、ある者は立ったまま、
またある者は献花台の前の地べたに座り込んでパソコンをにらみつけている。
中には、首にカメラ機材をかけた男性が談笑しているような姿も確認できる。

湯島のともさんは

「献花台の正面に報道陣の脚立が置きっぱなしだったりで邪魔でしょうがありませんでした」

ともつづっている。

他の目撃者からも苦言
 撮影はもとより、ネット環境の発達もあり、記者が取材現場でそのまま原稿を執筆したり、
撮影した写真を編集部に送信したりするため、ノートPCで作業を始める、
というのはそう珍しいことではない。
ただ今回は慰霊の場だ。その行動は、さすがに顰蹙(ひんしゅく)を買うこととなった。

投稿は9日現在で2万1000リツイートされ、

「これはひどい。被害にあわれた方とその家族に失礼だよ。配慮がなさすぎる」
「SNSが浸透した社会では、マスメディアは情報を流すだけじゃなく、
こうして流される立場でもある事を自覚しないといけませんね」

と多数の苦言が呈されている。

同じく、現場を訪れたという他のユーザーからも

「私も当日目の前で救命措置を施した者として、今日献花してきた。マスコミは邪魔だったし、
態度が悪い。遺族が不快に思う態度は控えて欲しい」
「秋葉原の中央通りの交差点で、通り魔事件の献花をする人を、
マスコミが待ち構えて群がってた(中略)犠牲者、被害者に配慮してそっとしておくって考えはないのかね?」

と同様の指摘が上がった。

だそうです。

まさに絵が欲しいマスコミの取材陣らしい行動ですね。

事件があれば、被害者の迷惑なんて考えて居ない報道合戦が今のマスコミ。
被害者がそっとしておいてと言っても取り上げる身勝手さ。
その大義名分は、
「メディアは国民に真実を知らせる義務がある」
です。

でも、自社のセクハラ被害者に関しては、「被害者保護」とか言っちゃうんですよね。

まさにダブルスタンダード。

国民の知る権利を歌いながら、報道しない自由を謳歌するメディア。
批難されれば、さらっと訂正謝罪で終了なメディア。
おそらくメディアが日本で最強の権力機関といえます。

新幹線の殺傷事件の報道を見ていて感じたのは、
被害者を救急搬送するにあたり、ブルーシートで隠しながら搬送していました。

これって、被害者のプライバシーを守るためなのですが、
こういう場合に撮影することを禁止するような法律を作るべきだと思うのですよ。
被害者は一分1秒でも早く搬送することで、命が救われるかもしれません。
それをスクープを狙う金儲け集団から隠す事で時間が奪われているのです。
一般人でも、記者でも、搬送の経過を撮影した場合は、罪に問うようにすればよいのです。

メディアは被害者被害者と言ってますが、結局の処、被害者よりも、
数字の採れる絵やインタビューが優先なのです。

国会中継でも、法案の重要な議論よりも、野党が与党を責めてるシーンばかり流すのも
同じ理由。

本質よりも話題性、中道よりも左寄り、差別人権を振りかざして本質を隠す、
お涙頂戴的に演出し、本質を見せないなどなど。
メディアが根本的に変わらなければならない次元に来ているのではないでしょうか?







ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]

PR

2018/06/10 22:56 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<いつもの選挙結果コメント | HOME | 自分に甘過ぎ朝日放送>>
忍者ブログ[PR]