ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
立憲民主党躍進?
衆議院選挙が終わりました。

色々な予想とは裏腹に、与党圧勝。

にも関わらず、メディアは認めたく無いようです。

どうしても、
自民党は消極的支持で勝っただけ、
希望の党は惨敗、
立憲民主党は躍進、
これが民意だとかしたいようです。

しかし、立憲民主党なんて、民新党そのもの。
選挙に向けて、新たな党名を着けただけ。

そのように考えた時、民新党衆議院議員は、88人から立憲民主党の54に激減してるのです。

とても躍進なんて言えません。

立憲民主党は、民新党では無いと言うのに必死なようです。

対して自民党は、解散前の184議席と変わらず。
衆議院定数が10削減されているのにです。

つまり、増えているに等しいのです。

そんな自民党に対して、
報道ステーションでは、
「笑顔が無い、勝ちで無いのをわかってる…」

みたいな論調。

台風で大変な状況な日本で、
手放しで歓び、笑顔を振り撒くような不謹慎な事はしないだけでは?
選挙報道でも、台風に注意を促し、国民を気遣った発言が出たのは自民党だけ。

そんな与党圧勝にも関わらず、
報道ステーションでは、枝野をよんでチヤホヤ。

自民党は民意じゃ無いが、
民新党の着せ替えでしかない立憲民主党は民意だと言う。

もはや、自分達が民意で、それ以外は民意では無いみたいな論調。

自民党を支持し、自民党に投票した人をバカにしていると言えます。

散々持ち上げた小池氏をこき下ろしながら、立憲を誉め続ける報道。

気持ち悪いの一言につきます。

希望の党に行った元民進党議員達も手のひらを返したかのような発言が目立ちます。
結局の処、理念無しの選挙の為に移っただけだったと言ってるに等しいです。

結局の処、どこまで行っても元民主党は変わらないって事なのでしょう。
無所属で出馬したやつらも、早速寄り合っています。

民主党の悪イメージを払拭したい元民主党議員の受け皿になったのが、
立憲民主党であると言えます。

まるで、党名詐欺集団ですね。

こんな政党を躍進と持ち上げてしまうメディアも、
もはや異常と言わざるをえません。











ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/10/25 21:03 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<やっぱり民新党議員 | HOME | メディアは立憲民主党押しみたいですね>>
忍者ブログ[PR]