ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
やっぱり民新党議員
メディアでは、一斉に希望の党小池代表叩きが行われています。

メディア理論では、「排除」発言の責任にして、寛容を強調しています。

議員総会では、元民新党議員らによる小池攻撃が、活発化しています。

何を勘違いしているのでしょうか(笑)

もし、小池代表が希望の党を立ち上げて居なかったら、
民新党議員は、民新党の看板で選挙していたはず。

多くの予想で民新党壊滅の予想でした。
政党支持率が消費税以下だから当然と言えます。

それは、多くの民新党議員も肌で感じていたでしょう。

そんな時に出てきたのが、小池氏を看板にした希望の党。

期待度は、民新党と雲泥の差。

反自民の票すら取れない情勢になりました。

そこで、民進党は希望の党との選挙連携を模索しました。
しかし、それを受けいる小池氏ではありません。

だからこそ、民新党前原代表は、希望の党に合流しようとしたのでは、無いのですか?

まがいひんでも、野党第一党が、自らの名を捨てるには、それなりの理由が有ったはずです。

安倍政権を倒すには、野党共闘が必須だとメディアも野党も大合唱。
野党結集の為に、希望と合流と言えば聞こえの良いスローガンですが、
結局の所、選挙協力を獲られないから、抱きつき戦法に出ただけと言えます。

その抱きつき戦法に喜んでいた人達が、小池氏非難するなんて、論外でしょ。

なら、希望の党では無く、無所属か立憲民主党から出れば良かったのです。
当初、立憲民主では票が取れないと思ったら希望に残っただけの、
主義主張のない当選だけが目当てだけど、空気の読めない無能民進議員って事です。

だからと言って、小池氏に責任が無いわけではありません。

小池氏最大の失敗は、発言でも何でも無く、
民新党を大量に受け入れた事でしょう。

さらに言えば、排除しますと言ったのに、
変なリベラルを沢山受け入れた事だと思います。

小池氏が衆議院に立候補しなかった事も非難してますが、
小池氏は最初から出ないと言ってました。
メディアや周りが出てくる出てくる言ってただけ。

それでも、希望の党を選択したのは、個人の判断のはずです。

結局の所、当選したら自分に対する期待で、
落選したら、党や党首の責任だって言ってるに等しいです。

自分に甘く他人に厳しい民新党議員ならではの言い種です。

既に希望の党に入るときの踏み絵なんて、
民新党出身議員には無かった事のようです。

あの踏み絵があったから投票した人達を裏切る行為と言えます。

第二自民党とか言われていた希望の党でしたが、
既に第二民新党に成り下がろうとしています。

そして、排除がどうのこうのとか言ってた立憲民主党は、希望の党を野党では無いと排除したようです。

もうむちゃくちゃですね。

さすが元民進党議員だと感じます。

希望の党、もはや終焉に近いと感じています。

小池氏は、もう一度しっかり排除するべきだと考えますが…
既に民進党による希望の党の乗っ取りは完了したようですね。

そして、民進党は解党せず存続の方針だとか…

先々、民進党に希望と立憲が合流して、また新しい党名にするんだろうなって思います。

でも、国民は元民主党議員を忘れません。
名前を変え、党を分裂させ、くっついてと国民を惑わす作戦かもしれませんが、
今の時代、ネットで全てばれてしまいますからね(笑)

メディアも苦しい時代に突入したなって思います。










ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/10/28 23:42 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<野党の質問時間は維持すべき? | HOME | 立憲民主党躍進?>>
忍者ブログ[PR]