ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
民進党は安全保障を考えてない!
北朝鮮がミサイルを発車した事を受け、
避難決議が国会閉会中審査で可決されました。

そんな中、民進党のこだわりは…

先ずは報道から…

安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘―衆院委
8/30(水) 18:15配信
時事通信

「安倍晋三首相が公邸に宿泊したのは、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した前日だけだ」。

民進党の後藤祐一衆院議員は30日の衆院安全保障委員会で、
政府の初動態勢に関しこう指摘した。
西村康稔官房副長官は
「常日頃から緊張感を持って情報分析をしている結果だ」
とかわしたが、後藤氏は北朝鮮に見抜かれるとして
「普段から公邸に泊まった方がいい」
と助言した。

今月、首相が公邸に泊まったのは25、28両日のみ。
いずれも翌早朝に北朝鮮がミサイルを発射しており、事前に兆候を察知していたとみられる。
25日は夜の会合などを入れず、28日夜も公邸内で自民党役員らと会食したのみ。
出席者の1人は
「首相はあまり酒を飲まなかった」
と話していた。

だそうです。

安部総理の元には、ミサイル発射の兆候は情報として入っていたと思います。

しかし、そんな事は口が裂けても言えるはず有りません。

もし、そんな事を言えば、
「何処からの情報だ?」
とか、
「なぜ事前に公表しないのか?」
とか言って大騒ぎ。
その後、
「情報の隠蔽だ!」
って騒ぐ所まで、簡単に想像出来ますからね(笑)

恐らくは米軍からの情報だろうって事は、
素人にも想像出来ます。

機密保護法や安保法改正で、米軍の信頼を回復出来ている証しでしょう。

しかし、北朝鮮の動きが、米軍に筒抜けであることを、
民進党は証明したかったのでしょうね。

もし、事前にバレていると北朝鮮に伝われば、
さらに情報を隠されるだけです。

つまり、常識的に考えても、今回の質問はするべきでは無い事がわかります。

日頃、官邸に泊まらない総理を批難したかっただけなのでしょうが、
安全保障なんて考えて居ないとしか言えません。
こんなものまで、政権批判につなげないとダメなのでしょうか(笑)

維新の足立氏は、官邸の迅速な対応を評価した上で、
現在のミサイル防衛の穴について指摘していました。
余りにも落差の激しい質問で、民進党の無能さが際立った形になったと言えます。

今回の事でもわかるように、もし民進党が政権を持っていたら、
米軍からの情報はもらえなかったんだろうなって感じます。
だって、隠すべき事と公にするべき事の境い目がわからない人達の集まりですからね。

安全保障を考えたとき、今現時点では、自民党、日本のこころ、維新意外は
信用できないと改めて感じました。

民進党政権だったらと考えたら、ぞっとします。








ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/08/30 20:21 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アメリカ人も韓国に似てきた… | HOME | 朝鮮に物言える日本になってきたかな?>>
忍者ブログ[PR]