ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
朝鮮に物言える日本になってきたかな?
最近、やっと韓国に対して、堂々と日本の立場を口にする人が増えて来ましたね。

まずは、報道から…

関東大震災朝鮮人犠牲者への追悼文取りやめ 小池知事
8/24(木) 12:45配信

東京都の小池百合子知事が、9月1日に市民団体の日朝協会などが主催する
関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式に、
都知事名の追悼文を送らない方針を決めたことが分かった。
都知事は例年、追悼文を出してきたが、小池氏は今春、見直しを示唆していた。
主催者からは
「突然の方針転換は納得できない」
と非難する声が上がっている。

追悼式は毎年、日朝協会などが、都立横網町公園(東京都墨田区)で開いている。
1923年の関東大震災時には
「朝鮮人が暴動を起こした」
といったデマが広がり、多数の朝鮮人らが虐殺された。

式典では、その犠牲になった人たちも追悼している。

都や式典の主催団体によると、式典には例年、
石原慎太郎元都知事らが知事名で追悼文を寄せてきた。
小池氏も昨年、

「多くの在日朝鮮人の方々が、言われのない被害を受け、犠牲になられたという事件は、
わが国の歴史の中でもまれに見る、誠に痛ましい出来事」

などとする文を主催者に送っている。

だが今年は、主催団体が5月に追悼文送付を要請したところ、
担当する都建設局が今月、送付中止の方針を伝えたという。

朝日新聞社

だそうです。

震災当時、確かに殺された朝鮮人も居ました。
しかし、彼らの主張する人数には根拠がありません。

また、逆に朝鮮人に殺された日本人だっていました。
火事場泥棒していた朝鮮人も居ました。

彼らの主張する朝鮮人被害者論は、
それまでの背景を無視し、朝鮮人の犯罪を無視した論理なのです。

今までは、メディアと左翼が五月蝿くて応じざるを得なかったかもしれません。

しかしネット全盛の昨今では、しっかりと主張が出来ますからね。
小池都知事はいい仕事したと思います。

期待していなかった外相も、良い仕事をしたようです。

報道から…

「徴用工」、今月7日にマニラで外相が直接抗議 韓国の国際会議欠席へ
8/25(金) 7:55配信

河野太郎外相が今月7日にフィリピン・マニラで韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談した際、
日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む韓国側の対応について抗議していたことが24日、分かった。
その後も韓国側の改善は見られず、
河野氏は今月下旬から韓国で開かれる国際会議への出席も見送る方針を固めた。
会議への出席は韓国政府が招待していた。

複数の日本政府関係者によると、
河野氏は康氏との会談で自ら徴用工の問題に言及し
「適切な対応」
を求めた。
ソウルでの「徴用工の像」設置の動きなどが念頭にあったとみられる。
日本側は会談後、徴用工が議題に上ったことを明らかにしていなかった。

しかし、河野氏の抗議後の今月17日、
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は記者会見で1965(昭和40)年の日韓請求権協定で消滅した徴用工に絡む請求権について
「個人の権利は残っている」
と発言した。
文氏の発言を受け日本政府は韓国に抗議した。

7月の日韓首脳会談で確認した首脳の相互訪問再開を踏まえ、
7日の外相会談ではハイレベル対話を活発化させることでも合意していた。
朴槿恵(パク・クネ)前政権の尹炳世(ユン・ビョンセ)前外相が昨年8月の日中韓外相会談の際に来日しており、
外務省は次回は日本の外相が訪韓することを想定している。

外相会談後に韓国内で徴用工や慰安婦に関する日韓合意などの解決済みの問題を蒸し返す動きが続く中、
日本政府は韓国側の対日政策を見極める必要があると判断し、
河野氏の韓国訪問を当面見送る。

韓国政府は河野氏に対し、
今月29日~9月1日に釜山(プサン)で開かれるアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)外相会議への招待状を送付していた。
今回で8回目となる同会議は、
過去に外相だった麻生太郎副総理兼財務相(第3回、ブラジル)、民進党の岡田克也前代表(第4回、東京)が出席した。
隣国での開催に日本の外相が欠席するのは異例といえる。

河野氏は韓国訪問について、
22日の産経新聞などとのインタビューで
「どこかのタイミングで調整はしたいが、具体的にはこれから」
と述べるにとどめていた。

一方、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮対応で両国の密接な連携は不可欠で、
9月中下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会などの多国間外交の場では外相会談を行う方向で調整を進めている。

だそうです。

慰安婦が使えなくなりそうになり、
新たな被害者ビジネスをしようと企んだ韓国人が出てきたようです。

日韓請求権協定で、徴用工問題は解決しています。

しかし、朝鮮半島の元徴用工の人達の個人請求権は残っているのは事実です。

ただし、日本は個人に対する賠償を済ませています。

彼らの請求するべき相手は、個人賠償を使い込んだ韓国政府になります。

と、こんな常識を無視した判決が成され、徴用工像まで作り始めました。

これって、先々韓国政府に降りかかってくると思います。
まぁ、日本には既に関係無い事です。

何よりも、日本がこうした歴史問題で、自虐だけしてるのではなく、
きっちり主張できるようになってきたこと、
そして、それが報道されるようになったことは素晴らしいと感じます。

韓国、朝鮮系の人達がしつこく異常である事、そして、
忖度して、譲ってあげても、つけあがるだけだと言う事が徐々にですが
国民に知れていく事でしょう。

少しづつですが、日本人が日本を取り戻しているのかなって感じました。

まだまだですけどね(笑)







ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/08/26 20:06 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<民進党は安全保障を考えてない! | HOME | 報道されないヘイトクライム>>
忍者ブログ[PR]