ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
民進党は何故自分達の実績を否定するの?
北朝鮮がミサイルを撃っても、野党とメディアは加計の方が大切なようですね。

まずは報道から…

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170529/k10010999041000.html

首相 獣医学部新設で圧力働いたこと一切ない
5月29日 14時01分

安倍総理大臣は、参議院本会議で、国家戦略特区での大学の獣医学部の新設をめぐり、
文部科学省の前の事務次官が、
「総理の意向だ」などと記された文書は文部科学省で作成されたと主張したことについて、
文書の存在は確認できなかったとしたうえで、新設に向けた圧力は一切ないと否定しました。
国家戦略特区に指定された愛媛県今治市に、
学校法人「加計学園」が計画している大学の獣医学部の新設をめぐり、
文部科学省の前川前事務次官は、「総理の意向だ」などと記された文書は
文部科学省で作成されたと主張しました。

これについて安倍総理大臣は、参議院本会議で
「文部科学省において調査を行った結果、
該当する文書の存在が確認できなかったと承知している」
と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は
「獣医学部の新設は、特区として規制改革項目の追加や、事業者の選定のいずれのプロセスも、
関係法令に基づき適切に実施しており、圧力が働いたということは一切ない」
と否定しました。

一方、安倍総理大臣は
「そもそも今治市での獣医学部誘致は、
自民党政権下で、『対応不可』とされていたが、
民主党政権下で『速やかに検討』と格上げされている。
獣医学部の新設という半世紀ぶりの改革に向けて、
民主党政権でも大変ご苦労されたものとお察し申し上げる」
と指摘しました。

さらに、安倍総理大臣は
「規制改革には抵抗勢力が必ず存在する。
政局目当てで既得権益に妥協したり、抵抗勢力と手を結ぶようなことは決してしない。
これからも、総理大臣である私が先頭に立って、
内閣の総力を挙げてあらゆる岩盤規制に挑戦していく決意だ」
と述べました。

このほか、安倍総理大臣は、民進党や共産党など野党4党が求めている、
前川氏の証人喚問について、
「国会運営は、国会においてお決めいただくことだ」と述べました。

だそうです。

民進党と加計の関係を
メディアが報道しないので、安部総理自身が国会で言っちゃいましたね。

ネットでは、始めから有名だったネタで、今更感がありますが、
おそらく、メディアや民進党にとっては、国民に知られたくない事実だったのでしょう。

報道ステーションのコメンテーターが、
「民進党に責任を擦り付けてる」みたいな事まで言ってました。

当然、これに対して、民進党も反論しています。

獣医学部の新設は、民主党政権下で進められたとの指摘に反論した。
学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍首相が29日、参議院の本会議で、
「今治市の獣医学部誘致は、民主党政権下で速やかに検討と、前向きに格上げされた」
と答弁したことについて、民進党の野田幹事長は
「議論のすり替えだ」
と批判した。
民進・野田幹事長は

「総理の意向や誰かへの忖度(そんたく)は、ボトムアップ型とトップダウン型のものは全く違う。
同じ前提であったかのように議論をすり替えるのは、国民に誤解を与えると強く申し上げる」

と述べた。

野田氏は、民主党政権下の構造改革特区はボトムアップ型で、
トップダウン型の国家戦略特区とは性格が違うと指摘したうえで、
「制度そのものを整理したうえで答弁すべきだ」
と述べた。

また、参議院で審議入りした「テロ等準備罪」を新設する法案については、
「構造的に問題があり、過去3回、廃案になった共謀罪と同じだ」
として、廃案を目指す考えをあらためて強調した。

最終更新:5/30(火) 7:56
フジテレビ系(FNN)

だそうです。

はて?分かっていて議論をすり替えてるのは、どちらでしょう?

ボトムアップかトップダウンとかは、焦点では有りません。
特区の種別も焦点では有りません。

加計に関する時系列を総理は発言しているだけです。

メディアや野党は、加計氏が安倍総理と親密だから、突然話が進んだと印象操作をしたいから、
民主党政権時代から有った話であるとか、民進党議員が加計学園の獣医学部を
内閣府に訴えたとかは、知られたくないのでしょうね。

安部総理の発言の要点はこうです。

第一次安倍内閣時には、特区が認められなかった事。

民主党政権下で、特区にする事を速やかに検討とされていた事。

にも関わらず、放置されていた事。

で、今に至るのです。

つまり、安倍氏が総理になったからでは無く、それまでの流れもあったことが判ります。

安倍総理は、民進党が閣議決定したから、自分が特区に指定したとは言ってません。
民進党時代にも、してたでしょ?って言ってるだけです。

普通に考えて、進めると閣議決定されたのに一行に進められなかったものが、
国家戦略特区を創設した結果、前に進めば「良かった」ではないのですか?

民進党は自分達の政権時代の閣議決定にすら責任を持たないと言ってるのでしょうか?

野田氏は、それなりに論理だてて、筋を通す民進党にふさわしく無い人物だと思ってましたが、
私の買い被りだったようですね。
きっかけは別として、自分達も進めようとしていた事を認められないのは、
無責任の極みと言えます。

ブーメラン政党と言われるゆえんは、こうして、自分達の行動を
都合よく置き換えて言い訳するからのでしょう。

安倍総理にダメージをってのしか頭に無いから、こういう発言が出るのであり、
真実を追求するつもりであれば、自分達に不都合な事実もしっかり受け止めた上で、
追及するべきです。












ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/05/31 12:00 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<日本だけは無防備を求められる不思議 | HOME | 北朝鮮は、かまってちゃん?>>
忍者ブログ[PR]