ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
核兵器禁止条約って、意味無いでしょ?
核兵器禁止条約が国会で採決されました。
政府はこれに反対し、賛成していません。

それに対して、メディアは被爆者を引っ張り出して、
政府批判を展開しています。

まずは、報道から…

核兵器禁止条約を採択=被爆者の「苦痛」を明記―国連
7/7(金) 23:57配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】国連本部で開かれていた核兵器を法的に禁止する条約制定交渉会議は
最終日の7日、核兵器の使用や保有、製造などを幅広く法的に禁止する条約を賛成122票、
反対1票、棄権1票で採択した。

 条約は前文に被爆者の「受け入れ難い苦痛や損害」に留意すると明記。
核抑止力の否定につながる「使用するとの威嚇」も禁止した。
ただ、核保有国の参加は絶望的で、実際の軍縮に結び付く可能性は乏しい。

 投票では北大西洋条約機構(NATO)加盟国のオランダが反対、シンガポールが棄権した。

 核兵器に絡む活動を幅広く違法化する条約が国連で採択されるのは初めて。
核兵器に関する多国間条約も1996年採択の包括的核実験禁止条約(CTBT、未発効)以来で、
ホワイト議長は6日、
「(採択は)歴史的瞬間になる」
と強調した。条約は9月に署名が始まり、50カ国の批准を得て発効する。 

だそうです。

これって、意味があるのでしょうか?
核保有国が全く参加しない状況で、これを採決しても自己満足でしかなく、
核兵器撤廃につながるとはとても思えません。

しかも、これに賛成してしまうと、アメリカの核の傘を放棄することになります。
中国、ロシアは核兵器保有国、北朝鮮も核を保有しかけています。
日本の近隣は、核兵器だらけです。
それらの国々はこの条約に署名しません。

日本の立場として、そんなことに賛同できるはずも無いのです。

核兵器は最悪の兵器であり、持つ事はもちろん、使用することなんて、
許されるべきでない事は、当然と言えます。
ただ、その理想だけで、日本の安全が担保されるかと言えば、そんな事はありません。

政府が言うように、核保有国が賛同するような条約にしなければ、何の意味も無いのです。

被爆された方の心情としては、日本政府に率先して、賛成して欲しかったでしょう。

しかし、この条約は憲法9条と同じで、日本を守ってくれるものではありません。
理想だけでは、平和は維持されません。

メディアはもっと、事実を伝えるべきです。
アメリカ、中国をはじめとする核保有国が全く参加しない「 核兵器禁止条約」なんて、
何の意味も持たないと国連批難するべきでしょう。
今回の条約を今の時点で採決することには、何の意味も無いのです。
もっと議論を深め、核保有国を条約に参加させる事こそ必要な処置であるはずです。

にも拘わらず、日本の政府が悪いと印象操作ばかりを繰り返しています。

目先の綺麗事を使って政府を批判するあまり、本質を見失っているのではないでしょうか?

今回の条約では、日本や韓国にとって、中国とロシアに屈しろって言ってるに等しく、
核の脅威が近隣に無いアフリカやヨーロッパとは立場が違います。

国連って、最近ほんと役に立たないなって感じてなりません。
そろそろ戦勝国クラブを辞めて、拒否権を無くすべきだと思います。











ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/07/09 12:16 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<閉会中審査は無意味 | HOME | 民進党はどうしたいのか>>
忍者ブログ[PR]