ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
政権攻撃出来たら何でもあり(笑)
文科省の収賄問題、予想通り、政権批判につなげたいようですね。

まずは報道から…

「こんな昭和みたいなこと、誰がやるんだよ」

東京地検特捜部が文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)=東京都港区=を
受託収賄容疑で逮捕したと発表。この報道に、文科省内ではそんな怒号が飛んでいたという。

特捜部によれば、佐野容疑者は官房長だった2017年5月、
私立大学の関係者から文科省の私立大学支援事業の対象校に選定するよう依頼され、
その見返りに今年2月、息子がこの大学を受験した際に点数を上乗せさせ、
合格させた疑いがある。
複数の文科省関係者が、その私立大学が東京医科大学だと本誌の取材に答えた。

東京医科大は東京地検の捜査を受けていることを明らかにし、
「大学として捜査に全面的に協力している」
というコメントを発表した。

「なぜこのタイミングなのか。特捜が動いているということは、官邸のリークなのか。
目的は何なのか。省内は疑心暗鬼になっている」

文科省の中堅職員はそう話す。

「官邸が目の敵にしている前川さん(喜平・元文部事務次官)が在籍した旧文部省へのいじめならわかりますが、
佐野は旧科学技術庁出身者です。目的がわからない」(同前)

そして、このタイミングだったのはなぜ、なのか。文科省の職員が愚痴るのも無理はない。
くしくも今日、7月4日は官庁訪問の初日だった。
官庁訪問とは、簡単に言えば霞が関版の会社訪問だ。
官僚志望の学生が希望官庁を訪問し、話を聞いたりする採用プロセスの一つだ。文科省にとっては、今日が就活解禁日と言える。

先の中堅職員は嘆く。

「加計学園問題でただでさえイメージが悪化したなか、それでもきちんと説明し、
優秀な人材をとっていく必要があった。
だけど初日にこんな事件が起こったら、もう何も言い訳できない。
来年、優秀な人材が文科省に入ってくるのか……」

 佐野容疑者は1985年に科学技術庁(当時)に入庁。文科省の官房総括審議官などを歴任し、
17年7月から科学技術・学術政策局長を務める。林芳正文科相は記者団の取材に対し、
「現職の職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、捜査に全面的に協力したい」
と述べている。(AERA編集部・澤田晃宏)

2018.7.4 20:15AERA
https://dot.asahi.com/aera/2018070400100.html?page=1

だそうです。

これは文科省側の陰謀論を報道しているんですが、野党はと言えば

こんな報道です。

立憲民主党など野党は、文部科学省の現職局長が受託収賄容疑で逮捕されたことを受け、
安倍晋三首相や林芳正文科相が出席する予算委員会の集中審議を早期に開催するよう与党に求めていく方針だ。

立憲の辻元清美国対委員長は4日、国会内で記者団に
「首相も今回の局長も行政を私物化している」
と強調。
国民民主党の玉木雄一郎共同代表は
「前代未聞だ。内閣人事局が任命した局長の不祥事だから、
官邸を中心とした政治責任は免れない」
と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000115-jij-pol

だそうで、こちらは、安倍政権の腐敗論。

で、これを総合してみると…

安倍政権がわざわざ自分達に矛先が向く事をリークするメリットなんてありません。

どちらかと言えば、もりかけで手詰まり感がある野党、特に共産系の息のかかった
文科省内部か医大内部からのリークと考える方がすっきりします。

今回の件を政権批判につなげるのは、さすがに無理筋ってものだと思うのですが、
野党は違うようで…

文科省局長逮捕 立憲民主、内閣不信任案提出を明言 
辻元清美国対委員長「一番嫌なときに出す」
7/5(木) 13:42配信 産経新聞

立憲民主党の辻元清美国対委員長は5日の党会合で、
文部科学省幹部による受託収賄事件を受け、
財務省の決裁文書改竄(かいざん)など官僚による不祥事が相次いでいるとして内閣不信任案を提出する考えを示した。
「安倍晋三内閣は十分不信任に値する。後はいつ出すか、タイミングだけだ」
と述べた。

辻元氏は、安倍首相が11日から欧州や中東を歴訪することについて
「審議拒否ではないか。また海外逃亡だ」
と批判。
その上で
「(不信任案を)一番嫌なときに出さないと気が済まない」
と息巻いた。

だそうです。

パフォーマンスで、国民の税金を使わないでもらいたいもんです。
「気が済まない」
とか言っちゃう時点で、国民なんて全く見ず、自分達の為にやってるって言ってるに等しいです。

安倍総理の外遊は、今回のスキャンダルの前から決まっていた事。
外交を行う総理を指して、審議拒否とか言っちゃうんですから、さらにたちが悪いですよね。

文科省と言えば、前事務次官の前川氏、
天下り問題で叩かれたのに、加計問題で、野党メディアの喜ぶ事を言うから、
ヒーローに祭り上げられてますよね。
今回の収賄疑惑、昨年5月らしいのですが…
前川氏の責任は無いのですか?

因みに、天下り斡旋も収賄の一種。
前川氏を叩かず今回のだけで大騒ぎするのはダブルスタンダードってものでしょう。

ちなみに、この報道が出た水曜日の報道ステーションで、
ギリギリ後藤さんが、
「文書改竄疑惑で揺れていた2月にこんな事してた…」
みたいな事言ってました。
2月はあくまでも受験シーズンであり、収賄が発生したのは5月です。
印象操作しまくりですが、木曜日時点で発言の訂正無しでした(笑)

もはや、何でもかんでも政権批判につなげる姿勢に、
国民はウンザリしています。
ただし情報を差し引き無しで伝えて欲しいもの。
野党も、もう少し安倍批判を抑え、政治をしてほしいものです。

さすがに今回の件を任命責任が…とか言ったら、気に入らない政権は、
いくらでも葬れちゃいますよ(笑)

いい加減、本質を無視した政権批判を辞めてもらいたいもの。
国会改革で、野党に不信任を出せるようにしてもらいたいと切に思います。

ただ、メディアも今回のを政権批判につなげるのは、無理筋と感じてるのか、
政権批判に繋げたい野党の発言はあまり報道されていないように思えます。
馬鹿をさらさないように、メディアの忖度なのでしょうか(笑)
メディアが野党の醜態をコントロールするから、野党がどんどんダメになってる気がします。
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]

PR

2018/07/05 23:16 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<豪雨災害の裏では… | HOME | 中国の脅威を問題視しないメディアと野党>>
忍者ブログ[PR]