ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
左の人は、手のひら返しがお得意(笑)
最近、森友学園や加計学園の報道を見ていると、
手のひら返しが得意だなって感じます。

まずは報道から…

「出会い系バー報道」、読売新聞が批判に反論もネットやTVで大不評
6/4(日) 15:58配信

 読売新聞が、前川喜平前文科次官の出会い系バー通いの報道に関して、
「不公正な報道であるかのような批判が出ている」が、
「こうした批判は全く当たらない」と、社会部長名で、2017年6月3日付朝刊で主張した。

 教育行政のトップである人物が、
「違法行為が疑われるような店」
に出入りすることは不適切であり、
「公共の関心事であり、公益目的にかなう」と説明し、
「これからも政権・行政の監視と言う報道機関の役割を果たしていく」としている。

■「公共の関心」はどこにあるのか

 読売新聞は、民進党の蓮舫代表らから受けた「プライベートな情報」という指摘について、
前川氏が在職期間からバーに通っていたことから、
「公人の行為として見過ごすことができない」
と報道の意図を解説した。

 読売新聞のこの主張に対して、ネットでは批判が相次いでいる。
安倍政権が加計学園の獣医学部新設に関与した疑惑への追及をそらすため、
読売新聞を通して前川氏のプライベートの行動を利用した、
と見る向きが強い。

「安倍政権擁護の為には報道機関の矜持と役割は放棄していく、の間違いじゃないのかね」
「恥の上塗り」
「公共の関心ごとは出会い系バーじゃない。忖度はあったのか、上から圧力あったか?なのに」
「本当に大事なことなら現役時代に記事にすればよかった」

また、朝日新聞記者の上丸洋一氏は、自身のツイッターで、

「『会い系バー通い』報道は『公共の関心事』であり『公益』にかなうと読売社会部長。
しかし、それを言うなら、政府の行為に不公正、不公平がなかったか、
それこそが公共の関心事であり、その暗部を暴くことこそが公益にかなう。
読売はなぜそれを熱心に追及しないのか。社会部長が説明すべきはそこだ。」

と、報道すべきポイントは前川氏の行動ではなく、
政府の公平性についてではないか、と見解をつづった。

ワイドナショーでも「バー通い」を議論
 加計学園と前川氏を巡る問題への注目度は高く、
6月4日に放送された情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)でも取り上げられた。

 調査を目的とした出会い系バー通い、という前川氏の説明に対し、松本人志さんは
「苦しいなぁ」と感想を述べるなど、当初は否定的だった。

 しかし、前川氏がボランティアとして貧困家庭の子供に勉強を教えるなどの活動をしていたことを聞かされると森昌子さんが
「(前川氏が妻子持ちであることから)自分のことだけしか考えていない」と、
前川氏に批判的な意見を貫く中、
松本さんは「わからなくなってきた」と意見を撤回し、
泉谷しげるさんは「志の高い官僚さん」と肯定的な評価を下した。

だそうです。

天下り問題が表面化したときは、犯罪者扱いして、逮捕するべきまで言ってたメディア。
3月に週刊誌で、本件が報道されたときも、非難轟々でした。
その時は、それが政権批判に使えたからです。
そして、そんなに信用の無い犯罪者が、使えるとわかると手のひらを返したような持ち上げ。

そして、今は天下り問題には振れもしません。

国民の関心が集まっていた天下り問題。これはもう無かった事にされています。

もし、今回の文書の事が無く、出会い系に出入りしていたらどうでしょう?
きっと叩きまくると思います。
まして、安倍政権の内部の人と言う事ならなおさらでしょう。

同じ行為をしても、反政府側に都合が良い場合は持ち上げて、
そうで無ければ、しつこいくらいに叩きまくる姿勢ってどうなのって思いますが、
非難しまくっていた相手を手のひら返しで持ち上げる姿には反吐がでます。

これって、森友学園の時にも感じました。
右翼幼稚園だの、教育勅語を教えるけしからんだのと散々せめていました。

ところが、籠池氏が民進党と手を取り合った瞬間から、メディアの姿勢は反転。
籠池氏を担ぎまくりました。
まさに、手のひら返し。

そして、詐欺まがいの事が色々と出てきたら…今度は無視に早変わり。

こんな報道姿勢では信用得られないのは当然と言えます。

左寄りの人達って、都合よく物事を解釈し、手のひら返しが得意なのだなと
最近しみじみ感じてなりません。







ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[1回]

PR

2017/06/06 12:16 | Comments(2) | その他

コメント

安倍側政権側のオカシイと思った人物を叩く。 
安倍側政権側がその批判に応じてそのオカシな人物を切り捨てる。 
すると今度はその切り捨てられた人物に近付き「ほら、見捨てた政府が憎いでしょ?我々が加勢しますから一緒に安倍潰ししましょ」と言って共闘する。 
自分で弱らしといて弱った人に近付いて利用するアカ得意の戦法。  
最近このパターン多いですな…連中よっぽど切羽詰まっとるようで(~ヘ~;)


posted by 某宮崎人 at 2017/06/09 00:10 [ コメントを修正する ]
コメントありがとうございます。
切羽詰まってるのは間違いないでしょうね。
メディアが後押ししてきた民進党が空前の灯ですからね。
でも、今のやり方がネット時代では、逆効果だと左の人達は
未だに気がつかないのでしょうね(笑)
posted by ウオッチャー at 2017/06/09 22:21 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<韓国擁護メディアにうんざり | HOME | 言論弾圧国家日本>>
忍者ブログ[PR]