ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
安部総理は何考えてる?
安部総理が平昌五輪開会式に、
参加することを表明したと報道されています。

がっかりです。

正直、何をお考えなのか、理解に苦しみます。

まずは、報道から…

安倍晋三首相は23日、
首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、
韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式出席のため訪韓する考えを明らかにした。
その際に文在寅大統領と会談し、
慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、
文政権が示した新方針を
「受け入れることはできない」
と直接伝える意向を示した。
核・ミサイル開発を続ける北朝鮮については
「高度な圧力の維持を再確認したい」
と述べた。

首相は
「五輪は平和とスポーツの祭典であり、
日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。
諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、
日本人選手たちを激励したい」
と述べた。
その上で

「現地で文大統領とぜひ会談したい。
慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。
この考え方を直接伝えるべきだと考えている」

と説明。
在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去についても

「当然強く主張することになる」

と述べた。

南北対話については

「五輪は五輪で切り離して考えるべきだ。
北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない。
この考え方も文大統領に明確に伝えたい」

と述べた。
北朝鮮に対する人道支援再開については
「間違ったメッセージを与えることになる」
と反対する考えを示した。

日本では韓国が示した新方針への批判が根強い。
首相も一時出席見送りに傾いたが、
北朝鮮情勢などを考慮して再考したという。
首相は
「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」
と説明した。
北朝鮮情勢については
「五輪期間中に挑発的な行動が抑制されるのはよいことだが、
その間も核・ミサイル開発を続けている。
だからこそ制裁を維持し続けるということが大切だ」
と指摘。
北朝鮮の核保有については
「NPT(核拡散防止条約)の根幹が崩れることになる。断じて容認できない」

と語った。

http://www.sankei.com/politics/news/180124/plt1801240003-n1.html

だそうです。

正直、期待外れな外交に感じますが、
安倍総理の判断です。
何か有ると考えるべきでしょう。

慰安婦合意の時も、幻滅しましたが、
結果として、今なら正解だったと言えます。

と言うことで、何が狙いか考えて見ましょう。

まず、思い付くのは、国会。

予算委員会で、野党の引き延ばしを抑制する事が出来そうです。

韓国に総理を行かせたい野党としては、

「予算が通ってないから、行かない」

と言われないように努めるでしょう(笑)。

野党は今後

「国会開催中の外遊は、国会軽視だ!」

と言えなくなりますね。

しかも、散々
「総理は行くべき!」
合唱していたメディアも、
安倍総理を評価せざるを得なくなります。

批判したら、それは韓国批判とイコール。
韓国大好き左翼メディアは、身動き出来なくなります。

対して、韓国ですが、完全な嫌がらせです。

北朝鮮の参加をめぐって、大統領の支持率急落中。

そんなとき、韓国では反日ブーストで、ガス抜きしてきました。

しかし、安倍総理が訪韓しそうであれば、
その技は使えなくなります。

韓国国民の不満はオリンピック終わるまで、膨らみ続けるのです。

しかも、オリンピック期間中は、世界中のメディアが注目。

国民の気違い行動を押さえ込まないとならなくなります。
北朝鮮に対する気違い行動押さえるだけでも、大変なのにね(笑)

当然ですが、首脳会談を条件にされているでしょう。
記者会見では、報道の通り、譲らない姿勢を表明。

国内向けには強気で発言していますが、国家トップ同士での話し合い。
この場で、合意は無効とは言えないと思います。
言ったら言ったで、日本との関係が終了(笑)
約束しても無駄な国だと言う事になり、さらにそれが世界に発信されます。

韓国大統領としたら、
やられっぱなしを耐えるしか無い事態。

安倍総理への待遇にも、手は抜けません。

一歩間違えば、日本の嫌韓感情を増幅するだけでなく、
世界に無礼な国と広める事になりかねません。

しかし、これでは韓国国民の不満は増大するでしょう(笑)

北朝鮮と国民、日本と国民、のダブル板挟みに悶える姿を楽しめるかも知れません。

スポーツと政治は別とか言ってた人達の戯れ言も封印。

首脳会談と記者会見で、
反対派の怒りを沈められたら、
大勝利と言えるかもしれませんね。

因みに…
安倍総理、行くとは明言していません。

キーワードは、
「 諸般の事情が許せば 」

です。

行くつもり無いのに、リップサービスで批判をかわし、揺さぶりをかける狙いがあるかも知れません。

つまり、行くか行かないか決定していないと言うことですね(笑)

首脳会談を逃げていた文大統領でしたが、どうやら、開催前に階段することが
決定したようですね。

野党も韓国もメディアも、安倍総理の顔色を伺いながら、オリンピックを迎える事になりそうです。

さてさて、どうなる事やら…(笑)


ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2018/01/24 20:12 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<日本野党の常識は日本の非常識? | HOME | 韓国に付き合うのは辞めましょう>>
忍者ブログ[PR]