ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
勝った気になる野党
予算委員会で予算そっちのけで、
データ誤りをつつき続けた野党とメディア

これに対して、データ不備のあった裁量労働制の拡大を見送る決定を、
安部総理がしました。

まずは報道から…

裁量労働制拡大を切り離し 首相が方針転換
3/1(木) 1:40 Nippon News Network(NNN)

安倍首相が働き方改革をめぐり一歩後退。
安倍首相は先月28日夜、
働き方改革関連法案から裁量労働制の拡大を切り離す方針を決めた。

裁量労働制をめぐっては厚生労働省のデータの不備が相次いで見つかり、
野党側は「根拠が間違っていた」として、
裁量労働制の拡大は撤回するよう求めていた。

こうした中、安倍首相は、
法案から裁量労働制の拡大を切り離す方針を固め、
来年度予算案の衆議院通過を待って、
先月28日夜、加藤厚労相や与党幹部に伝えた。

安倍首相
「厚生労働省において(裁量労働の)実態を把握した上において、
議論をし直すようにすることとした次第であります」

この方針転換は、
9月に自民党総裁選挙を控える中で、
国民の批判をできるだけ避け、
波乱要因を減らしたいとの思惑もあると見られる。

安倍首相は、残りの部分の法案については、
「今の国会で成立させたい」
と強調した。
しかし、安倍首相がこの国会の最重要法案と位置づけていた働き方改革関連法案の形が変わることになり、
政権の求心力が低下する可能性も出ている。

一方、立憲民主党の枝野代表が、
「問題点を国会審議で明確にしてきた成果だ」
と話すなど、野党側は今後、攻勢を強める方針。
だそうです。

続けても批難、野党の要求を受け入れても批難。

さすが、反対の為の野党とメディア(笑)

そもそも、提出すらされていない法案を盾に、
予算成立の妨害しようと企んでいた野党。

どうせ、与党多数で成立するのは明白でしたから、
また、強行採決って騒ぎたかったんでしょうね。

結果として予算は年度内成立です。

あてが外れたのか、こんな事を言ってます。

来年度予算案の委員会採決に踏み切ったことについて、
立憲民主党・辻元清美
「逃げたと思います。
厳しいですね質問に耐え切れない、
とりあえずここで締めてしまおう。
そういう意図があると思います」

だそうです。

もはや、何一つマトモに評価することが出来ない思考のようですね(笑)

相手の主張を聞き入れ、
熟慮した判断を、
「逃げた」と言ってます。

つまり、彼女の中では、
裁量労働制を、働き方改革法案から、
切り離されたのが、
期待はずれと言ってるに等しいです。

まぁ、久しぶりに新しい攻め口でしたから、
悔しいのでしょう(笑)

因みにこのデータ、民主党政権時代に民主党政権時代に指示されたデータであることは、
都合よく忘れているようです。

で、今度は高度プロフェッショナル制度も止めろと言い出しました。

野党やメディアは、本当に日本の未来を考えているのでしょうか?

先進諸外国では、残業では無く成果主義が基本。

有能な人ほど、時間に余裕が出来、収入も高くあるべきです。

今の日本では、能力が低く、時間のかかる人ほど、
残業代がかさみ、高級が得られる仕組みです。

さらに、有能な人が、能力の低い人の後始末までしているのが、現状です。

つまり、今の日本の制度は、能力の低い人に合わせてあると言っても、
過言ではありません。

これでは、プロ意識の高い外国に勝てるわけ有りません。

本来であれば、制度や対象を素直に評価した上で、
制度の抜け穴を利用しているブラック企業を、
縛る内容を入れるべきなのです。

そう言う意味では、同一労働同一賃金には、反対です。

本来であれば、同一労働成果同一賃金であるべきです。

同じ成果なのに、無能で時間がかかった方が、
残業では手取りが増えるのは、おかしいと考えます。

本来議論すべき内容には触れず、
スキャンダルばかりの野党やメディアにはうんざり。

また、審議拒否を始めたようですね。
文書問題は民主党政権時代にもあったんですけど、
それにはメディアも野党も触れませんね。

今回の件なんて、国会の中でごちゃごちゃやってないで、
野党が朝日に証拠を出させたら終わりなのに…
捜査を止めて文書出せとか騒いでます。

疑惑ははっきりさせる必要はあります。
でも、予算や法案もしっかり進める必要もあるはずです。

そう言えば、あれだけ大騒ぎしていた線香問題や加計問題は、
もうお仕舞いですか?

野党に影響が出るとわかると、
すぐにフェードアウト。

今回の騒ぎはどうなるのでしょう?
国会を空転させてきた責任は一体だれがとるのでしょうか…

本当に日本の未来を考えてるのでしょうか?

安倍内閣を叩ければ、
日本なんてどうでも良いように感じてなりません。

野党が勢いづいて、勝った気になって、調子に乗っているようですが…

日本を良くした政党が勝ちであり、
政争に明け暮れてるのは、
土俵にすら乗って無いのでは無いでしょうか?(笑)
ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2018/03/02 21:43 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<韓国と言う国が消える日 | HOME | 裁量労働制を悪く見せたい野党連合>>
忍者ブログ[PR]