ニュース,日本,嫌韓,韓国,愛国,偏向報道 忍者ブログ
不法入国者を人道的で保護すべきか?
不法入国した人達の子供の扱いが、話題になっていますね。

まずは、報道から…

大阪入国管理局から国外退去を迫られているペルー人の親子3人が
15日、国に在留特別許可を求める訴えを大阪地裁に起こす。
日本で生まれ育った子供2人は中学生と高校生で
「今ペルーに行っても生活できない。
子供の利益を最優先に考え、在留を認めてほしい」
と人道的な判断を求めている。

母モレノ・ネリさん(51)、高校1年の長女(15)、中学2年の長男(14)の
3人で、大阪府内で暮らす。

訴状などによると、
ネリさんは1994年に他人名義の偽造パスポートで入国し、
先に不法入国していたペルー人の夫(60)と同居。
その後、子供2人が生まれた。

夫は2011年に入管難民法違反容疑で逮捕され、
12年に大阪入管が4人に強制退去処分を出した。
一家は処分の取り消しを求めて提訴したが、15年に最高裁で敗訴が確定。
夫は昨年、ペルーに強制送還された。

大阪入管は残る3人にも国外退去を迫り、
今年7月から毎週、出頭を命じている。
長女は
「(ペルーの公用語の)スペイン語も少ししか分からず、向こうに行ったら未来はない」
と不安を漏らす。
長男も
「ペルーは治安が悪いと聞いている。日本で安心して暮らしたい」
と訴える。

https://mainichi.jp/articles/20170814/k00/00m/040/110000c

だそうです。

人道的と言う無敵の言葉が猛威を奮っていますね。

まず、最初にですが…

この親は、不法入国した罪を日本国民に謝罪する所から始めるべきだと思うのです。

まるで、入管が非人道的と言わんばかりの論調には、違和感を覚えてなりません。

そもそも、不法入国して、不法滞在していたのに、
何故子供が日本の学校に通えていたのでしょう?

普通に考えたら、何らかを偽装していたはずです。
嘘をついて、今まで日本人を騙し、日本の制度を利用してきたのでしょう。

確かに子供達に罪は在りません。
しかし、不法入国してから今まで、
不法で無くす努力を怠って来た親の責任はどうなるのでしょう?

これを認めれば、
不法入国しても、子供を作ってしまえば、
ずっと滞在出来る事になってしまいます。

つまり、滞在資格を得る為に、子供を利用しているに等しい行為だと思うのです。

この問題、親の罪と子供の権利と分けて考えるべきだと思います。
親は当然、強制送還するべきです。
不法入国やり得は許すべきではありません。

その上で、子供達が日本で暮らせるだけの仕送りを行うなら、
子供達のみ特別に在留許可を与えるのが良いと思うのです。

それが出来ないなら、一緒に帰るべきでしょう。

日本国内でも、子供の意思とは関係無く、親は転勤されられます。
場合によっては、日本語しか喋れないのに海外に転勤になる事だってあります。
それに子供を連れていく事は非人道的なのでしょうか?
親子が一緒に暮らす為に家族で頑張る美談だと思うのです。

もし、この人が大企業に勤めているペルー人だとします。
その企業がペルーに進出したとします。
そこに支店長として、ペルー人の人を栄転させたと考えたとき、
それに日本生まれで日本語しか喋れない子供を連れていく事は非人道的なのでしょか?
海外支社に転勤させる事が非人道的なのでしょうか?

そんなはずはありません。

こうして考えたとき、法を犯して日本に滞在してきたにも拘わらず、
さらに日本に滞在し続けたいから「非人道的」って言葉を使うのでしょう。
そして、同情を集めようとしていると考えられます。

人道的とかいう曖昧な事で、今回の事を許すべきではありません。
罪は罪として償わせる必要が絶対に必要だと思います。

これから、労働力として移民を推進していくかもしれない日本、
法が同情で歪められないと示すべきだと考えます。









ぽちってしてもらえると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ

拍手[0回]

PR

2017/08/17 22:17 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<報道されないヘイトクライム | HOME | オスプレイだけ問題視する異常>>
忍者ブログ[PR]